サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士の活動状況(2013年11月25日)

写真:NASAのSprint実験を行う若田宇宙飛行士

NASAのSprint実験を行う若田宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

11月22日、若田宇宙飛行士はNASAのSprint実験のため、右足に超音波測定装置を装着してエクササイズを行い、自動ガイダンスに従って超音波スキャンによる筋量の計測を行いました。

Sprint実験は、長期滞在クルーを被験者として、高負荷・短時間の運動で、筋萎縮や骨量の減少を最小限に抑えるプログラムを開発するための実験で、この検査は長期滞在中の筋量の変化を記録するために行われるものです。

また、マイケル・ホプキンス宇宙飛行士と協力して、心電図を用いて心拍数と血圧を測定しました。


断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約