サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士ら、ISS第38次長期滞在を開始(2013年11月11日)

画像:より大きな画像へ

船外活動でトーチを掲げるコトフ宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

若田宇宙飛行士が滞在する国際宇宙ステーション(ISS)では、11月9日から10日にかけてロシアの船外活動が行われました。11日にはソユーズTMA-09M宇宙船が分離し、若田宇宙飛行士らは第38次長期滞在クルーとしての活動を開始しました。

船外活動は日本時間11月9日午後11時34分に開始され、5時間50分にわたり実施されました。船外活動を担当したオレッグ・コトフ、セルゲイ・リザンスキー両宇宙飛行士は、米国時間8月22日に第36次長期滞在クルーにより実施された船外活動の作業の続きとして、カメラのプラットフォームと船外活動作業用プラットフォームの整備作業を行いました。今回の船外活動では、若田宇宙飛行士らが搭乗したソユーズTMA-11M宇宙船で運んだソチオリンピックのトーチをISSの船外に持ち出すパフォーマンスも行われました。

画像:より大きな画像へ

ISSから分離したソユーズTMA-09M宇宙船(出典:JAXA/NASA)

11月11日には、第36/第37次長期滞在クルーとしてISSに滞在していたフョードル・ユールチキン、カレン・ナイバーグ、ルカ・パルミターノ宇宙飛行士の3名が、ソユーズTMA-09M宇宙船に搭乗し、地上に帰還しました。第36/第37次長期滞在クルーの帰還に先立ち、ユールチキン宇宙飛行士からコトフ宇宙飛行士に、ISSの指揮権が移譲されました。ソユーズTMA-09M宇宙船は、日本時間11月11日午前8時26分に分離し、コトフ宇宙飛行士をコマンダーとする第38次長期滞在が開始されました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約