サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士、GCTCで記者会見と伝統的なセレモニーに参加(2013年10月23日)

写真:より大きな写真へ

記者会見の様子(出典:JAXA/GCTC)

国際宇宙ステーション(ISS)第38次/第39次長期滞在クルーの若田、ミハイル・チューリン、リチャード・マストラキオ宇宙飛行士は、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)で、現地時間の10月22日、バックアップクルーとともに記者会見に参加しました。

記者会見では、ISS滞在中に計画されている実験や、クルーの準備状況などについて質疑応答が行われました。

若田宇宙飛行士は報道関係者からの質問に答える中で、ミッションの成功にはクルー間の協力やお互いの理解が大切であることを述べ、これまでに積み重ねてきた訓練ではクルー間の連携がうまく取れており、ミッションの準備が整っていることを語りました。

写真:より大きな写真へ

トーチを持ち撮影に応じる若田宇宙飛行士ら(出典:JAXA/GCTC)

会見では、ミッション以外の話題についても多数の質問が寄せられました。若田宇宙飛行士らは、ISSへ運ばれるソチオリンピックの聖火リレーのトーチに関連する質問や、宇宙での余暇の過ごし方などのさまざまな質問に答えました。

また、同日には打上げ前の伝統的なセレモニーが行われました。若田宇宙飛行士らは、GCTCの博物館内に再現されたユーリ・ガガーリン宇宙飛行士の執務室を訪れて記念のサイン帳にメッセージを残し、GCTC内に建てられているガガーリン宇宙飛行士の像に献花しました。

写真:より大きな写真へ

記念のサイン帳にメッセージを残すクルー(出典:JAXA/GCTC)

写真:より大きな写真へ

ガガーリン宇宙飛行士の像に献花を行ったクルー(出典:JAXA/GCTC)


今後、若田宇宙飛行士らは、11月7日のソユーズTMA-11M宇宙船(37S)の打上げに備えて、打上げが行われるカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地へ移動する予定です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約