サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

大西宇宙飛行士がISSから帰還後一時帰国、日本で初めてリハビリを実施(2016年11月21日)

リハビリのため一時帰国した大西宇宙飛行士(出典:JAXA)


国際宇宙ステーション(ISS)第48/49次長期滞在クルーとして、115日間宇宙に滞在した大西宇宙飛行士が、ISS長期滞在から帰還後のリハビリテーションのため、11月20日に一時帰国しました。


ISS長期滞在から帰還した宇宙飛行士は、バランス感覚や筋力を飛行前の状態へと回復させるため、45日間程度、飛行後に特化して計画的なリハビリプログラムを行います。

従来、日本人宇宙飛行士は、NASAでリハビリを行っていましたが、大西宇宙飛行士のリハビリが順調に進んでいることと、リハビリの一部を日本で行うことが可能となり早期帰国が実現しました。

宇宙帰還後のリハビリ期間中に日本でリハビリを行うのは初めてのことです。これまで宇宙飛行士の選抜、訓練、認定と積み上げてきた経験と技術の蓄積により、日本が自立的にリハビリを計画し、JAXAの施設を使って実施できる能力を備えるようになりました。

日本には約1週間滞在し、筑波宇宙センターでリハビリや、デブリーフィング(技術報告)を行った後、米国ヒューストンに戻ってリハビリの継続・各種医学データの取得や、技術打合せを行います。

大西宇宙飛行士のコメント

「私のミッションから、国際宇宙ステーション滞在中も日本が主体的に運動プログラムを組んで実施してきた。リハビリは宇宙飛行士の健康管理の中では大きなウェイトを占めており、それをわが国で、自分たちで担当できることを誇らしく思う。」

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約