サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

野口聡一宇宙飛行士
最終更新日:2010年02月09日

野口宇宙飛行士のSTS-130ミッション中の作業

スペースシャトル「エンデバー号」によるSTS-130ミッション中の野口宇宙飛行士の作業スケジュールを掲載しています。

エンデバー号は、国際宇宙ステーション(ISS)に2月10日午後2時06分にドッキングする予定です。

作業スケジュール(2010年2月9日現在)

飛行日 作業開始時間
(日本時間)
野口宇宙飛行士の作業
3 2月10日午後1時05分 スペースシャトルをISSからビデオ撮影
2月10日午後2時06分 スペースシャトルのISSへのドッキング
2月10日午後4時04分 スペースシャトル・ISS間のハッチオープン
4 2月11日午前10時34分 船外活動に向けたカメラの準備
2月11日午後6時09分 第1回船外活動の手順確認
5 2月12日午前11時09分
~午後5時39分
スペースシャトルクルーによる第1回船外活動
物資移送
6 2月13日午前10時59分 「トランクウィリティー」(第3結合部)と「ユニティ」(第1結合部)との間にモジュール間通風換気装置(Inter-Module Ventilation: IMV)を取り付け
2月13日午前11時14分 トランクウィリティーとユニティのハッチオープン
2月13日午後0時44分 トランクウィリティーとキューポラのハッチオープン
2月13日午後3時59分 ユニティの改良型エクササイズ装置(Advanced Resistive Exercise Device: ARED)と「きぼう」船内実験室内の空気浄化システム(Atmospheric Revitalization System: ARS)ラックをトランクウィリティーへ移送
7 2月14日午前11時09分
~午後5時39分
スペースシャトルクルーによる第2回船外活動
2月14日午前8時04分 トランクウィリティーとユニティとの間にIMVを取り付け
2月14日午後0時04分 AREDの設置
8 2月15日午後3時14分 「微小重力環境でのナノスケルトン作製(NANOSKELETON1)」実験作業に向けた細胞培養実験装置(Cell Biology Experiment Facility: CBEF)の点検保守(新規ファンの取付)
2月15日午後5時04分 「国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士の身体真菌叢評価(Myco)」実験の準備
9 2月16日午前6時19分 Myco実験の真菌の取得、回収の準備
2月16日午前8時59分 与圧結合アダプタ3(Pressurized Mating Adapter: PMA-3)の「ハーモニー」(第2結合部)からの取外しに向けた準備作業
10 2月17日午前11時09分
~午後5時39分
スペースシャトルクルーによる第3回船外活動
2月17日午前8時29分 トランクウィリティーの整備
2月17日午後2時14分 水再生システム(Water Recovery System: WRS)に関連する操作
11 2月18日午後0時39分 軌道上共同記者会見
2月18日午後2時29分 PMA-3の与圧
2月18日午後3時34分 冷凍サンプルの回収のための梱包作業
2月18日午後5時04分 スペースシャトルとISS間のハッチクローズ
12 2月19日午前9時35分 スペースシャトルのISSからの分離

※飛行日はエンデバー号のクルーが起床した時点から始まります。
赤字はJAXAの実験に関わる作業です。
青字は野口宇宙飛行士以外のクルーが実施する主な作業です。
下線は関連ページへのリンクです。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約