サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

金井宇宙飛行士ウィークリーレポート(2018年4月 9日)

ドラゴン補給船運用14号機(SpX-14号機)の到着を待つ金井宇宙飛行士ら
(出典:JAXA/NASA)

4月2日から4月8日の金井宇宙飛行士は、スコット・ティングル宇宙飛行士と共に、ドラゴン補給船運用14号機(SpX-14)の把持を実施、 また、宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(Mouse Stress Defense)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する準備と作業を行いました。

「きぼう」にて、第3回小動物飼育ミッションが開始されました。


SpX-14号機を国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)により把持する操作は、 4月4日に金井宇宙飛行士が主担当として実施し、ティングル宇宙飛行士がサポートしました。

【参考】 国際宇宙ステーションへの補給フライト SpX-14号機

そのほか、4月2日に埼玉県吉川市の子供たち、6日に千葉県の学生たちとリアルタイム交信イベントを行いました。

今週の「きぼう」


今週のISS

  • SpX-14号機に搭載された荷物の搬入作業

*断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約