サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

金井宇宙飛行士ウィークリーレポート(2018年3月12日)

NASAの植物栽培実験装置(Veggie)で育成した植物を手にする金井宇宙飛行士
(出典:JAXA/NASA)

3月5日から11日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、米国等の実験作業などを行いました。

国際宇宙ステーション(ISS)では、NASAの植物栽培実験装置(Veggie)で花や野菜などの植物を育成する実験が行われています。

Veggieは、NASAが将来の火星探査など、長期にわたる有人宇宙飛行を見すえ、飛行中に食料を作り出す手段の一環として研究開発された装置です。今回の写真で金井宇宙飛行士が手にしているのは、Veggieで育成された野菜です。

【参考】油井宇宙飛行士の活動状況(2015年8月11日)(Veggieで栽培されたレタスの試食)

今週の「きぼう」


今週のISS

【実験関連作業】
  • NASAの実験に関する作業

*断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約