サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

金井宇宙飛行士ウィークリーレポート(2018年3月 5日)

セレモニーに参加する金井宇宙飛行士らISS第54次長期滞在クルー
(出典:JAXA/NASA)

2月26日から3月4日の金井宇宙飛行士は、沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性(Two-Phase Flow)など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、「きぼう」エアロックに関する作業、ドラゴン補給船運用14号機(SpX-14)の到着に向けた物品の整理などを行いました。

2月27日、ソユーズ宇宙船(52S)の帰還に先立ち、金井宇宙飛行士らクルー6人が集まり、ISSの指揮権を移譲するセレモニーが行われました。第54次長期滞在の船長(コマンダー)を務めたアレクサンダー・ミシュルキン宇宙飛行士から、第55次長期滞在の船長となるアントン・シュカプレロフ宇宙飛行士にISSの指揮権が移譲され、これにより第54次長期滞在が終了し、第55次長期滞在が始まりました。

2月28日、ミシュルキン宇宙飛行士ら第54次長期滞在クルー3人は、ソユーズ宇宙船(52S)に搭乗してISSを離れ、地上に帰還しました。金井宇宙飛行士ら第55次長期滞在クルーは、次のクルーが到着するまでしばらくの間3人で過ごすこととなります。

【参考】大西宇宙飛行士ISS滞在日記(ISSの指揮権移譲)

今週の「きぼう」


今週のISS

【システム関連作業】
  • SpX-14の到着に向けた物品整理

*断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約