サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

このエントリーをはてなブックマークに追加

金井宇宙飛行士ウィークリーレポート(2018年1月 9日)

写真

軌道上でのエアロック操作中の金井宇宙飛行士(出典:JAXA/金井宇宙飛行士Twitter)

2017年12月19日から国際宇宙ステーション(ISS)にて長期滞在を開始した金井宇宙飛行士は、軌道上で年末年始を過ごしました。

2017年12月26日から2018年1月7日の金井宇宙飛行士は、アルツハイマー病の原因分子とされる「アミロイド線維(アミロイドβ)」の形成機構を調べるAmyloid実験など、「きぼう」日本実験棟での実験に関する作業や、米国等の実験作業を行っています。

また、1月5日にはISSと地上をつないで軌道上記者会見を行い、集まった多くの報道陣に対して現在の意気込みなどを語りました。

今週の「きぼう」

写真

Amyloid実験のロゴを手に
記念撮影を行う加藤先生と
金井宇宙飛行士
(平成29年12月28日)
(出典:JAXA)


今週のISS

【システム関連作業】
  • SpX-13に搭載された物品の搬入および廃棄物品の積み込み作業
【実験関連作業】
  • 医学実験に関する作業

*断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約