サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年8月 9日)

8月8日、古川宇宙飛行士は、「きぼう」日本実験棟船内実験室のエアロック側に、日本の国旗とJAXAの旗および「グッドデザイン賞」のラベルを掲示しました。

システム運用としては、モジュール内大気成分モニタ(Vehicle Cabin Atmosphere Monitor: VCAM)のメンテナンス訓練、ツールの確認などを行い、太陽熱による船内温度上昇を避けるため「きぼう」の窓シャッターを閉め、さらに、ロシアの第29回船外活動とSTS-135ミッションの船外活動で使用された船外活動用工具の片付けに約90分を費やしました。

また被験者として、情動状態についてのアンケート(Profile of Mood Status: POMS)に回答し、地上にデータを送信しました。

さらに、「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)にあるアマチュア無線機で、西インド諸島トリニダード島、ポートオブスペインのカリブ海青少年科学フォーラム(CYSF)の学生と交信を行いました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約