サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年8月 5日)

写真:「きぼう」ロボットアーム制御ラックで作業する(手前から)古川聡、ロナルド・ギャレン両宇宙飛行士(8月2日)(出典:JAXA/NASA)

「きぼう」ロボットアーム制御ラックで作業する(手前から)古川聡、ロナルド・ギャレン両宇宙飛行士(8月2日)(出典:JAXA/NASA)

8月3日のクルーの作業時間が通常より長時間になったため、代わりとして8月4日は作業時間を短縮することになりました。

古川宇宙飛行士はロナルド・ギャレン宇宙飛行士と共に、「きぼう」日本実験棟のロボットアームの子アーム(Small Fine Arm: SFA)機能確認の3日目の作業を行いました。

モニタ映像を地上に送信するためのMPEG-2エンコーダの準備をし、「きぼう」ロボットアーム制御ラックのラップトップワークステーション(RMS Laptop Terminal: RLT)およびカメラ制御パネル、ロボットアームのモニタを起動しました。

いくつかのチェックのあと、船外実験プラットフォーム上にある子アーム保管装置(SFA Stowage Equipment: SSE)の上に子アーム(SFA)を横倒しにした姿勢で停止させました。

明日(8月5日)、子アーム(SFA)を子アーム保管装置(SSE)に固定させる作業を行います。

また、週に一度の家族との交信を行いました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約