サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年7月21日)

スペースシャトル「アトランティス号」が国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、7月20日、古川宇宙飛行士らISSの第28次長期滞在クルーは休日となりました。

古川宇宙飛行士は地上からの遠隔診療を受診したり、地上のフライトディレクタとSバンド通信システムで会議を行いました。

その他、ISS内の機器や実験装置のメンテナンス作業、毎日のエクササイズなど軽い作業を行って1日を過ごしました。

古川宇宙飛行士は、自身のツイッターで「きぼう」日本実験棟が7月19日付けで完成から2年を迎えたことについて触れ、また、なでしこジャパンがFIFA女子ワールドカップで見事優勝したことを称えています。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約