サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の活動状況(2011年7月 5日)

7月4日は米国の独立記念日にあたるため、国際宇宙ステーション(ISS)も休日となりました。

古川宇宙飛行士は、週に1度の骨量減少・尿路結石予防対策実験として、ビスフォスフォネート製剤(アレンドロネート)という骨粗しょう症の治療薬を朝食前に摂取しました。また、2時間のエクササイズなど、身体を維持するための活動を行いました。

今週も実験の開始が予定されており、7月8日午後3時26分(日本時間7月9日午前0時26分)には最後のスペースシャトル「アトランティス号」の打上げも予定されているため、引き続き多忙な日々を送ることになります。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約