サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の活動状況(2011年7月 1日)

古川宇宙飛行士は、スペースシャトル「アトランティス号」の到着に備え、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を移動させる作業を行いました。

SSRMSの操作準備として、キューポラにてロボットアーム操作卓を起動をさせ、ハンドコントローラーやディスプレイ、コントロールパネルを確認しました。

準備が整うと、古川宇宙飛行士はマイケル・フォッサム宇宙飛行士とともに操作卓を運用しながら、SSRMSをモービル・ベース・システム(Mobile Base System: MBS)から「ハーモニー」(第2結合部)に移動させました。

また、古川宇宙飛行士は物質の流動や変形について調査するレオロジー(流動学)に関する米国の研究(Shear History Extensional Rheology Experiment: SHERE)を行うため、微小重力研究グローブボックス(Microgravity Science Glovebox: MSG)を起動し、ビデオカメラを設置しました。

古川宇宙飛行士のツイッターが更新され、6月28日に接近した宇宙ゴミについて「追跡可能な宇宙ゴミの中で、今までで最も宇宙ステーションに近づいたものだそうです。」、「ぶつからないでよかった、よかった。」と呟いています。

なお、アトランティス号とのドッキングに向けて高度を調整するため、米国東部夏時間6月29日午前8時15分(日本時間6月29日午後9時15分)にISSはリブースト(軌道上昇)を行い、ISSの平均高度は384.9kmになりました。

同7月1日午前8時16分(同7月1日午後9時16分)にもう一度リブーストを行い、平均高度は388.3kmになる予定です。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約