サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士
最終更新日:2011年8月5日

著名人からのメッセージ

著名人の方々から古川宇宙飛行士に寄せられたメッセージをご紹介します。

※メッセージの並びは氏名50音順

東京大学名誉教授
(独)産業技術総合研究所 フェロー兼幹細胞工学研究センター長
浅島 誠

古川宇宙飛行士が国際宇宙ステーションISSで約5ヶ月半という長期滞在されること、おめでとうございます。本当に良かったです。
私も宇宙実験に携わっている一人として、大きな希望と期待をしています。
やっと日本も本格的にJEM(きぼう)での活動が出来る事に大きな感動を憶えています。

古川宇宙飛行士は消化器外科医ですので、宇宙飛行士としてのみならず、医学的見地からも宇宙の中での人間そのものについて感じたことを色々とメッセージを発して欲しいと思います。閉鎖空間でかつ長期滞在に伴うストレスとそれを克服する方法や日常生活、宇宙放射線のこと、心や物の見方の変化、睡眠のこと、これから沢山行うであろう実験への成果の期待も大いに高まっています。
古川宇宙飛行士の御活躍とミッションの達成を心を踊らせて見守っています。
どうぞ、宇宙での長期滞在での御健康御成功をお祈りします。

つくば市長
市原健一

厳しい訓練を乗り越えて夢の実現を果たされた古川宇宙飛行士に、つくば市を代表いたしまして、心よりお祝い申し上げます。
古川さんは、今回の長期滞在ミッションに向け、筑波宇宙センターで多くの訓練を積まれたと聞いております。また、医師のご経歴を持つ宇宙飛行士として、世界の科学や医療の発展のため、様々な実験にも取り組まれると伺っています。
私自身も一人の医師として、古川さんのご活躍に期待しておりますし、ご活動の場となる日本実験棟の名前のとおり、宇宙から世界の人々に「きぼう」を届けられるよう、市民とともにミッションの成功を応援しております。

テレビ東京「宇宙ニュース」キャスター
大江麻理子

ついに、古川さんが宇宙へ出発する瞬間がやってきました!
宇宙飛行士に選ばれてから12年。待ち続けたこの時を、古川さんはどんな思いで迎えていらっしゃるのでしょう。「宇宙ニュース」で対談さてせいただいた時、ヒマワリのような笑顔と、穏やかな語り口の中に垣間見える情熱にすっかり魅了されました。
ISSでは、古川さんならではの実験が目白押しとのこと。宇宙ドクター古川さんの活躍を毎週番組を通じ応援させていただきます!

俳優
岡田将生

宇宙兄弟で南波日々人役を演じさせていただいてます岡田将生です。
古川さん、国際宇宙ステーションで約5ヵ月半長期滞在するということで、きれいな地球を眺めながら、体には気をつけて下さい。それから、宇宙酔いも気をつけて下さい。

女優・NHK「宇宙からウェイクアップコール」ナレーター
奥貫薫

バイコヌールから宇宙へ!ガガーリン飛行士が初めて宇宙へ旅立ってから50年...宇宙への夢と希望はますますふくらむばかり。
今回の長期滞在では、古川飛行士のご専門を活かした様々な科学実験をされると聞いています。
実験のご成功をお祈りすると共に、この積み重ねが未来を生きるこどもたちの光と勇気になることを、願ってやみません。
5ヶ月半、健康と安全にはお気をつけて、無事のご帰還を心からお祈り申し上げます。古川さんは宇宙ではどんな音楽で目覚められるのでしょうか?

俳優
小栗旬

宇宙兄弟で南波六太役を演じさせていただきました小栗旬です。
古川さん、国際宇宙ステーションでは、様々な科学実験や医学実験をされると聞きましたが、まだまだ未知なことがいっぱいあるようなので、すてきな発見があることを祈っております。
では、頑張って下さい!

フジテレビアナウンサー「とくダネ!」司会
笠井信輔

古川さん!私が6歳、古川さんが5歳の時にアポロ11号が月面着陸を成功させました。宇宙はまさに僕らの憧れでしたよね。だから本当にうらやましいです。若田宇宙飛行士がISSから帰還した際に、一緒にトークショーをさせてもらったのですが、長期滞在中、宇宙(そら)でDVDが見られるそうですね。向こうのライブラリーに「2001年宇宙の旅」があったら絶対に観てください。宇宙空間で観るSF傑作映画。考えるだけでも興奮します。

アーティスト/東京大学大学院教授
河口洋一郎

古川さんのミッションの成功を心よりお祈りしています。宇宙での活躍によって是非日本を元気づけてください。それとともに史上初の試みである、「宇宙で抹茶を点てる」プロジェクトの成功にも期待しています。無重力下で抹茶を点てるという奇想天外なこのテーマには、抹茶の飛沫の撮影映像をもとに、そのダイナミクスをシミュレーションCGによって可視化するという科学的な視点とともに、抹茶を点てるという日本の伝統文化と精神性を宇宙時代に継承するという文化的視点も含まれています。はたしてどのような結果となるか心より楽しみにしています。

漫画家(「宇宙兄弟」作者)
小山宙哉

宇宙兄弟を描いてます、小山宙哉です。
遅ればせながら、初の宇宙飛行 おめでとうございます!
そこからの眺めはどうでしょうか。
12年もの長い訓練期間をどのような思いで過ごされてきたのか、僕たちには到底計り知れませんが、それに見合う12年分の感動がきっとあったに違いないと想像しています。
古川さんが感じたであろう興奮や感動を『宇宙兄弟』でも表現したいと思っています。
いつか是非、宇宙での体験談を聞かせてください。
古川さんの宇宙飛行が充実した楽しい6ヶ月となることを祈っております。

グラフィックデザイナー
佐藤卓

古川聡様
かねがね、水が液体の状態であたりまえに存在する地球の奇跡的な在り様に、まさに有り難さを感じております。子供の頃、宇宙旅行は地球からの脱出というイメージがありました。しかし今は、地球から出て、逆に地球の奇跡に気付く旅なのではないかと想像しています。世界がお帰りをお待ちしています。素晴らしい宇宙旅行になりますように祈っております。

日本テレビ NEWS ZERO キャスター
鈴江奈々

古川さん、宇宙長期滞在がいよいよスタートしますね!
子供の頃、天体望遠鏡で宇宙をのぞいた時、星のごとくキラキラとした“夢”を感じました。
その宇宙で古川さんは大きなミッションの連続で大変だと思いますが、医師ならではの視点で、宇宙での生活、体の変化などをリポートしてくださるのを楽しみにしています。
そして私たちに沢山の“希望”を届けてくださる事を期待しております!

タレント
田中直樹(ココリコ)

古川さん、打ち上げ、おめでとうございます!!!!!!!
これまで、宇宙にたずさわる全ての方々のおかげで、私たちの生活はびっくりする程変わってきました。
宇宙には地球にたずさわる全て、の未来があると思っています。
約5ヶ月半、大変お忙しいとは思いますが、
たくさん、地球の未来を見てきて下さいね。
そして、たくさんの事を私たちに教えて下さい。
その地球からずっと応援させて頂きます。

タレント
中川翔子

日本中のみんなの夢と希望を背負って
飛び立つその勇気、応援しています!
私もいつか宇宙にいくのが
死ぬまでの大きな大きな夢です。
たくさんの子どもたちに
パワーをくださるフライトになることを願っています。
近い未来、みんなが宇宙にいけるように
歴史を変えていってほしいです。
古川さんのご活躍とご無事を
心よりお祈りしております!

森美術館館長
南條史生

宇宙で芸術の可能性を試す大変貴重な機会と考え、期待しております。
芸術と科学は元々同じルーツから生じています。
どちらも最終的には、我々が生きている世界の現実とは何か、
我々の生の意味とは何かを考える過程のように思います。
今回の芸術家の提案、成果を期待したいと思います。

タレント
間寛平

古川宇宙飛行士さんおめでとうございます!
実は僕宇宙人なんです。
地球にいるという寛平という宇宙人も元気でやってますとお伝えください。
故郷の宇宙人によろしくお願いします。
それでは、古川さんよろしくお願いします!

作編曲家
服部克久

心臓病の患者が無重力の病院で治療を受ける話を読んだことが有るが、昔読んだSF小説の世界が、最近一つずつ実現されていくのはとても楽しいものです。
今回古川飛行士がコマンダーのサポートと同時に、医師としての見識を生かしながら様々な宇宙での実験を実施されるという。まことにわくわくするではないか。このフライトが将来の有人飛行のための有益なデータとなり、子供たちの未来そして日本国の未来にとって大きなステップとなることは間違いがない。健康管理に気をつけられ(お医者さまに申し上げる言葉ではないが)無事に任務をはたされ帰還されることを、ウルトラマン共々地球から応援しております。

横浜市長
林文子

古川聡さん、夢が叶うときが近づいてきましたね。
国際宇宙ステーションでの科学研究や、フライトエンジニアの任務など様々なミッションでのご活躍を、心よりお祈りしています。
水・緑美しい、そして活気あふれる街、ふるさと横浜は、宇宙からどう見えるのでしょうか。
あなたは、私たちの誇りです。
お帰りになったら、横浜の子どもたちに、宇宙の素晴らしさ、そして大きな夢を叶えたお気持をお聞かせください。
369万人横浜市民が応援しています。いってらっしゃい!

小説家
東野圭吾

科学とは、人類が自分たちにとって正しい道を探すための地図だと思います。原発事故に代表されるように、発展を焦るあまりに間違いを犯してしまうのは、人類がまだ完全な地図を手に入れていないからでしょう。古川さんたちの宇宙空間での挑戦により、未発見の地図が一枚でも多く手に入ることを心より祈っております。

ロボットデザイナー
松井龍哉

古川宇宙飛行士そして27Sクルーの皆様 いよいよISS長期ミッションが始まりますね。私達も空を見上げ、宇宙に想いを馳せる日々が始まります。
医師である古川宇宙飛行士にお聞きしたいことは、これからの宇宙での生活に関わる『きぼう』での実験の様子です。未来の生活をデザインする子供達には、ひとつひとつの情報が想像への道標となります。ソユーズTMA-02Mには私達の夢も一緒に搭乗しています。滞在期間の健康面そしてなにより安全にご帰還されることを心からお祈りしています。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約