サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年6月16日)

古川宇宙飛行士は昨日(15日)も国際宇宙ステーション(ISS)にて多忙なスケジュールをこなしました。

まず、血圧、心電図、心拍数を計測する器具を装着し、自転車エルゴメータ(Cycle Ergometer with Vibration Isolation and Stabilization System: CEVIS)を漕ぎました。これは米国が行っているフィットネス評価(Periodic Fitness Evaluation)で、月に一度、1時間半行われます。

「きぼう」船内実験室では、冷凍・冷蔵庫(Minus Eighty degree Celsius Laboratory Freezer for ISS: MELFI)の準備作業の続きと、微小重力計測装置(Microgravity Measurement Apparatus Laptop Terminal 2: MLT2)にエラーが出ていたため点検を行い、システムを再起動しました。

また、欧州補給機(Automated Transfer Vehicle: ATV)2号機「ヨハネス・ケプラー」が6月21日にISSから分離し、大気圏へ再突入する予定のため、不要品の積み込みなどの搭載品の整頓も行ないました。

さらに、第27/28次長期滞在クルーのロナルド・ギャレン宇宙飛行士からの引継ぎをしました。

その他、6名の宇宙飛行士と緊急医療について、医療器具の設置場所の確認や器具の使用手順などについてのトレーニングを行ないました。

なお、ISSは、6月12日に続き6月15日にリブースト(軌道上昇)を行い、10.2km軌道高度が上昇し、平均高度は374.7kmとなりました。リブーストは6月17日にも行われる予定です。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約