サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

古川聡宇宙飛行士

古川宇宙飛行士の作業状況 (2011年8月17日)

8月16日、古川宇宙飛行士は昨日に引き続き、物質の流動や変形について調査するレオロジー(流動学)に関する米国の研究(Shear History Extensional Rheology Experiment: SHERE)に多くの時間を費やしました。

実験は3度行い、取得したデータを地上に送信しました。

その他、マイケル・フォッサム宇宙飛行士が行う自転車エルゴメータ(Cycle Ergometer with Vibration Isolation and Stabilization System: CEVIS)のメンテナンス作業を支援したり、他の作業のために移動させたCEVISを再設置する作業を行いました。

また、横浜市倉田小学校の児童とのアマチュア無線による交信を行いました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

≫最新情報へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約