サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

有人型ドラゴン宇宙船による実証フライト

有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機フライト SpaceX Demo-1

最終更新日: 2019年3月11日

フロリダの東海岸沖200マイル地点に着水した有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機
(出典:JAXA/NASA)

ミッション概要 [PDF: 634.0 KB]

新着情報

有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機(SpaceX Demo-1)は、2019年3月8日 午後10時45分(日本時間)に大西洋へ着水しました。

飛行概要

有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機(SpaceX Demo-1)ミッションは、ファルコン9ロケットによる有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機と地上システム、さらには飛行運用、ISSへのドッキングと着陸までの実証を行うことを目的としています。

この実証の中では、ドラゴン宇宙船の電子機器、ドッキングシステム、通信/テレメトリシステム、環境制御システム、太陽電池と電力系システム、推進システムの軌道上での評価も行う他、上昇時・軌道飛行時・突入時の誘導航法・制御システムの性能の実証を行います。

SpaceX Demo-1は、に米国フロリダ州 ケネディ宇宙センター(KSC)39A射点から打ち上げられました。

その後、SpaceX Demo-1は、にISSへドッキングしました。

SpaceX Demo-1は、に、ISSを離脱しました。

その後、科学調査で得られた研究サンプルと共に、に大西洋へ着水しました。

打ち上げ物資

少量の貨物を試験的に搭載します。

飛行計画

SpaceX Demo-1ミッションの飛行計画(2019年3月11日現在)
打ち上げ日時
射場 米国フロリダ州 ケネディ宇宙センター(KSC)39A射点
使用ロケット ファルコン9ロケット
宇宙船 有人型ドラゴン宇宙船 無人飛行試験1号機
ドッキング日時
ISSからの分離日時
大西洋への着水日時
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約