サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ドラゴン補給船によるISSへの補給フライト

ドラゴン補給船運用7号機(SpX-7)ミッション

最終更新日: 2015年6月29日

ドラゴン補給船運用7号機(SpX-7)の打上げ失敗について

アメリカの民間企業SpaceX社のドラゴン補給船運用7号機(SpX-7)を載せたファルコン9ロケットは、6月28日午後11時21分(日本時間)に米国フロリダ州のケープカナベラル空軍基地より打ち上げられましたが、打上げから約2分19秒後に爆発し、打上げは失敗しました。

現在NASA及びSpaceX社により、原因究明作業が行われております。

SpX-7では、将来、民間の有人宇宙船がドッキングすることになる国際ドッキングアダプターや食糧・生活用品・実験試料等1,867kgの物資がISSに運搬される予定でした。食糧や生活用品等については、10月頃まで軌道上のISSに備蓄があり、クルーのISS長期滞在への影響はありません。

実験試料や器材が消失したことにより、JAXAが予定していた一部の実験スケジュールに変更が必要となりますが、再打上げを目指して準備を進めてまいります。

※以降の内容は、打上げ前に計画されていた内容です。

飛行概要

写真:より大きな写真へ

ISSに係留されたドラゴン補給船運用6号機(出典:JAXA/NASA)

SpX-7フライトは、SpaceX社のドラゴン補給船運用7号機を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ハーモニー」(第2結合部)下方に結合させ、ISSに補給物資を運搬するミッションです。ドラゴン補給船としては9度目のフライト、ISSへ向かうフライトとしては8度目になります。

SpX-7フライトでは、1,867kgの物資がISSに運搬される予定です。SpX-7フライトで運ばれる物資には、以下に示すJAXA関連の実験試料が含まれます。

※物資の重量は、NASAのウェブサイトに掲載されている数値を参考にしています。

写真:より大きな写真へ

ドラゴン補給船運用7号機で運ばれるIDA(出典:JAXA/NASA/Cory Huston)

NASAの搭載品としては、将来、民間の有人宇宙船がドッキングすることになる国際ドッキングアダプター(International Docking Adapters: IDA)1基が曝露部のトランクに搭載されて運ばれます。

また、帰還時には、以下のJAXA関連の実験試料を含む、620kgの物資がISSから回収される予定です。

飛行計画

SpX-7フライト飛行計画(2015年6月26日現在)
打上げ日時 2015年6月28日午後11時21分(日本時間)
2015年6月28日午前10時21分(米国東部夏時間)
射場 ケープカナベラル空軍基地 40番射点
使用ロケット ファルコン9 v1.1 ロケット13号機
SSRMSによる
把持日時
2015年6月30日午後8時頃(日本時間)
2015年6月30日午前6時頃(米国中部夏時間)


SpX-7フライト前後のISSの形状

打上げ前

SpX-7フライト前のISSのイメージ

SpX-7打上げ前のISSのイメージ

結合後

SpX-7結合後のISSのイメージ

SpX-7結合後のISSのイメージ

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約