サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

商用有人宇宙船CST-100スターライナー

商用有人宇宙船CST-100スターライナー 無人飛行試験機(Boe-OFT)ミッション

最終更新日: 2019年12月23日

カプセルの下からエアバッグを膨らませて着陸したスターライナー
(出典:NASA/Bill Ingalls)

新着情報

商用有人宇宙船CST-100スターライナー無人飛行試験機(Boe-OFT)は、2019年12月22日 午後9時58分(日本時間)にホワイトサンズへ着陸しました。

飛行概要

ボーイング社が開発したスターライナーの初飛行試験(Boe-OFT)は、アトラスVロケットによるスターライナーの打ち上げと、地上システム、さらには飛行運用、ISSへのドッキングと帰還、着陸までの無人での飛行実証試験を行うことを目的としています。この実証試験が無事終了し、NASAによる審査をクリアすると有人飛行試験に進むことになります。

Boe-OFTは、に米国フロリダ州 ケープカナベラル空軍基地 41番射点から打ち上げられましたが、予定されていた軌道に入ることができませんでした。このためボーイング社は、ISSとのドッキングを中止し、NASAおよび米軍と協力して、スターライナーをニューメキシコ州ホワイトサンズに着陸させる作業を行いました。

その後Boe-OFTは、にホワイトサンズへ着陸しました。今回の打ち上げでは、推進系機能の確認、宇宙機間での通信試験、NASAのドッキングシステム試験、環境制御・生命維持システムの検証などの実証を行いました。

飛行計画

Boe-OFTミッションの飛行計画(2019年12月23日現在)
打ち上げ日時
射場 米国フロリダ州 ケープカナベラル空軍基地 41番射点
使用ロケット アトラスVロケット
着陸日時
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約