サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

プログレス補給船によるISSへの補給フライト

プログレスMS-01補給船(62P)ミッション

最終更新日: 2016年7月11日
写真:プログレス補給船(62P)のモニタ

TORUの試験のため、一時的にISSから分離されるプログレス補給船(62P)
(7月1日)(出典:Roscosmos)


プログレス補給船(62P)は、日本時間2016年7月3日午後0時48分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。62Pは数時間後に軌道離脱噴射を行い、太平洋上に安全に投棄されました。

なお、同7月1日にはロシアのTORUと呼ばれる手動ドッキングシステムの確認を行うため、一時的にISSから分離させ、再ドッキングさせる試験が行われました。


飛行概要

プログレス補給船(62P)は、日本時間12月21日午後5時44分、ロシアのソユーズロケットによりカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、正常に軌道投入されました。

そして、同12月23日午後7時27分に国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしました。

プログレス補給船(62P)を搭載したソユーズロケットの打上げ

プログレス補給船(62P)を搭載したソユーズロケットの打上げ

射点に立てられたプログレス補給船(62P)を搭載したソユーズロケット

射点に立てられたプログレス補給船(62P)を搭載したソユーズロケット

ペイロードシュラウドへ格納されるプログレス補給船(62P)

ペイロードシュラウドへ格納されるプログレス補給船(62P)

打上げに向けた準備が進められるプログレス補給船(62P)

打上げに向けた準備が進められるプログレス補給船(62P)

(写真:©S.P.Korolev RSC Energia)

62Pフライトは、ロシアのプログレス補給船を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ピアース」(ロシアのドッキング室)に無人でドッキングさせるミッションであり、ISSへ向かう62機目のプログレス補給船です。今回は打上げから約2日かけてISSにドッキングする計画です。

今回打ち上げるプログレス補給船は、新型のプログレスMSの初飛行となります。外観は前の型とあまり変わりませんが、ランデブー装置の更新(ウクライナ製のKurs-Aからロシア製のKurs-NAに切替え)や、無線装置および航法装置の更新、デブリシールドの強化などが行われています。

62Pフライトでは主に以下の補給品をISSに運びます。

  • 飲料水
  • 補給用推進剤
  • 酸素
  • その他以下に示す積荷など
    • 食糧(米国、ロシアの宇宙食)
    • 長期滞在クルー用の衣服、衛生用品、家族からの手紙など
    • 実験ペイロード
    • 交換修理品、予備品など


打上げ計画

62Pフライト打上げ実績(2016年7月3日現在)
打上げ日時 2015年12月21日午後5時44分(日本時間)
2015年12月21日午後2時44分(バイコヌール時間)
2015年12月21日午前11時44分(モスクワ時間)
2015年12月21日午前2時44分(米国中部標準時間)
射場 カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズ2.1aロケット
重量 約7.3トン(打上げ時)
ドッキング日時 2015年12月23日午後7時27分(日本時間)
2015年12月23日午後1時27分(モスクワ時間)
2015年12月23日午前4時27分(米国中部標準時間)
ISS分離日時 2016年7月3日午後0時48分(日本時間)
2016年7月3日午前6時48分(モスクワ時間)
2016年7月2日午後10時48分(米国中部夏時間)

62Pドッキング後のISSの形状

62Pドッキング後のISS

62Pドッキング後のISS

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約