JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 
船外活動(EVA)

 アメリカは、1965年にジェミニ4号で初めて船外活動(EVA)を行いまし た。その後、35年間で計84回のEVAを行いました。しかし、ISS組立の ためには、これからの5年間でその2倍の約160回のEVA必要となり ます。合計1260時間、米国の宇宙服を着て行うEVAだけで約960時間、さらにロシアの宇宙服を着て行うEVAも 300時間以上が必要と見積もられています。EVA作業はISSの組立、保全には欠かせないものとなっています。

 5Aミッションでは、合計3回のEVAを、飛行4日目、6日目、8日目に行う予定です。
3回目のEVAは、アメリカのEVAとしては100回目、シャトルとしては通算60回目のものとなります。
 EVAを実施するのは3回とも同じメンバーで、ミッションスペシャリスト(MS)のトーマス・ジョーンズとロバート・カービームの2人です。トーマス・ジョーンズはEV1と呼ばれ宇宙服の両脚部分に赤いベルト状のマークがついています。ロバート・カービームはEV2と呼ばれ真っ白な宇宙服を着用します。
 エンデバー号内からはMSのマーシャ・アイビンスがロボットアームを操縦してEVAを支援します。またパイロットのマーク・ポランスキーはEVA全体の指揮をとります。


以下にSTS-98で行うEVA作業内容を示します。

第1回船外活動(飛行4日目)
  • ペイロードベイ(貨物室)内でデスティニーを保温していたヒータの電力供給用配線を取外す。
  • デスティニーのユニティと結合する側の共通結合機構(CBM)のリング部の保護カバーを取外す。
  • ユニティから取外したPMA-2をZ1トラスの手動結合機構(MBM*)に結合させる。
  • P6トラスの右舷側ラジエータの拘束具を取外す。
  • Z1トラス上のKuバンドアンテナのロックを外す。
  • ロボットアームによるデスティニーのユニティへの取りつけ作業を見守り、必要であれば支援する。
  • デスティニーとZ1トラス間の、電力とデータ通信用ケーブル9本、冷却用のアンモニア配管4本を結合し、翌日のデスティニーの起動作業に備える。
 *MBM
:
デスティニー取付け作業の準備としてPMA-2を一時的に待避させるために前々回の3AフライトでZ1トラスに取付けておいたもの。

第2回船外活動(飛行6日目)
  • PMA-2をZ1トラス上のMBMに結合(仮置き)してあった掛金(ラッチ)を取外す。
  • デスティニーの前方、ユニティとは反対側の共通結合機構の断熱・保護カバーを取外す。(この後でPMA-2がロボットアームによりデスティニーに取りつけられる。)
  • 打上げの際デスティニーをペイロードベイ内で固定していた4個の突起(トラニオンピン)に、断熱カバーを取付ける。
  • ISSの与圧制御装置の排気弁に排気口(推力を発生しないよう形状が工夫されているもの)を取付ける。
  • 将来のEVAで使用するスライドワイヤを、デスティニーの外壁の長軸に沿って取付ける。
  • 6AフライトでデスティニーにISSのロボットアーム(SSRMS)を取つけるための装置(PDGF)を取付ける。そのためにデスティニーの外壁からデブリシールド(船体をスペースデブリ*や隕石の衝突から保護するためのカバー)の一部を取外し、PDGFを取付けた後デブリシールドを再度取付ける。
*スペースデブリ 
宇宙を漂っている人工のゴミともいうべきもので、過去に打上げられたロケット、人工衛星、またそれらの破片など。高速度で運動しているので、衝突すると、小さなものであっても破壊力が大きく、危険である。

 


第3回船外活動(飛行8日目)

  • ペイロードベイ内で予備のSバンドアンテナ(SASA)のカバーを取外す。
  • このSASAをZ1トラス上の保管場所に取付ける。このSASAは、現在使用中のアンテナが故障した際の交換部品としてZ1トラスに保管するものである。
  • デスティニーの地球側に設置されている観測用の窓をデブリなどから保護するために、シャッターとこれを駆動するギヤ装置を取付ける。
  • 第2回EVAで移設したPMA-2とデスティニー間に、電力とデータ通信用ケーブルを敷設する。
  • EVA中に行動不能に陥ったクルーを安全にシャトルやISSに連れ戻すために考案されている方法の評価試験(DTO675)を実施する。


最終更新日:2001年 2月 1日

JAXAトップページへサイトポリシー