サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 20A(STS-130)

搭載物

最終更新日:2010年02月05日
画像

ペイロードベイ(貨物室)の搭載状況(提供:NASA)

「トランクウィリティー」(第3結合部)
「トランクウィリティー」(第3結合部)は、「ハーモニー」(第2結合部)とほぼ同型のモジュールで、6個の共通結合機構(Common Berthing Mechanism: CBM)を備えています。
キューポラ
キューポラは7枚の窓とISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)の操作盤などを備えた観測用のユニットです。キューポラはSSRMSの操作や船外活動、宇宙機の接近・分離時の目視に使用されるほか、視野が広いため、地球や天体などの観測にも使用できます。キューポラはトランクウィリティーの前方に設置された状態で運搬されます。
JAXA搭載品
JAXAが行う「きぼう」日本実験棟での実験に関わる物資が打上げ/回収されます。
Cupola Tranquility OBSS SRMS
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約