JAXAgbvy[W
 JAXAgbvy[WFXe[VEڂLEZ^[TCg}bv
 

国際宇宙ステーションへの補給フライト 1P


ドッキング直前のISS
 国際宇宙ステーション(ISS)への物資補給を目的としたプログレス補給船をソユーズロケットにより、日本時間8月7日午前3時26分にバイコヌール宇宙基地(カザフスタン共和国)から打ち上げられ、日本時間8月9日午前5時13分にISSと自動ドッキングしました。
 プログレス補給船は、ISSの推進剤を搭載しており、ISSとの自動ドッキング後、ISSのタンクに推進剤を移送する他、自らのエンジンを噴射してISSの高度を引き上げる予定です。また、今年10月末からの滞在が予定されているISS搭乗員のための食料品、衣服なども搭載しています。

プログレス補給船 概要

プログレスM補給船の外観
 プログレス補給船は無人の貨物輸送機であり、初代のプログレス補給船(1978年初飛行)に太陽電池パドルを取り付ける等の改良を行ったプログレスM(1989年初飛行)と、国際宇宙ステーション(ISS)用に改良されたプログレスM1(2000年初飛行)の2種類が現在使われています。プログレスは、ミールやISSへ推進剤や貨物を運搬すると共に、ドッキングした状態でミールやISSの軌道変更(リブースト)を行うことができます。


プログレス補給船の搭載能力
搭載品目プログレスMプログレスM1
ペイロードの搭載能力(上限)2,350kg2,230-3,200kg
与圧貨物の重量(最大)1,800kg1,800kg
搭載できる水の重量(最大)420kgカーゴモジュールに搭載
搭載できる空気、酸素の重量(最大)50kg40kg
搭載できる燃料補給量(最大)850kg1,700kg
ステーションでリブースト等に使用できる余分な推進剤250kg185-250kg
搭載できるゴミの量(帰還時)1,000-1,600kg1000-1,600kg
搭載できる廃水400kgカーゴモジュールに搭載
搭載できる貨物の容積6.6m36.6m3
注:源泉資料により値は異なります。


ソユーズロケットの概要
 ソユーズロケットは1957年のスプートニクの打上げ等に使用されて以来、改良を重ね、現在のソユーズロケットが完成しました。これまでに1000機以上の打上げが行われています。

ソユーズロケットの主要諸元
打上げ場所バイコヌール/Tyuratam(有人、無人打上げ)
Plesetsk(衛星打上げ専用)
主要用途宇宙飛行士、物資の輸送、衛星打上げ 等
打上げ成功率96.8%(1997年 3月現在)
商用打上げ数8回(2000年 3月末現在)
搭載ペイロードの重量6,855kg(高度 220km/軌道傾斜角 51.6度)
7,050~7,450kg(ソユーズTM/プログレスM、M1ミッション時)
ロケット構成3段式(4本の液体燃料ブースタを 1段とみなす場合)
全長45.22m(無人時、10.14mのフェアリングを含む)
最大直径10.3m(ブースターのフィン部分)
2.95m(1段中心部)
打上げ時重量309.7t
打上げ時推力5,932kN(真空中)


ソユーズ宇宙船/プログレス補給船打上げ時のソユーズロケット


最終更新日:2000年 8月 9日

JAXAトップページへサイトポリシー