サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 17A(STS-128)

アンモニアタンク(ATA)

最終更新日:2009年08月25日
写真

LMCに搭載されたATA(提供:NASA)

アンモニアタンク(Ammonia Tank Assembly: ATA)は、軽量型曝露実験装置支援機材キャリア(Lightweight Multi-Purpose Experiment Support Structure Carrier: LMC)に収容されてスペースシャトルのペイロードベイ(貨物室)に搭載されます。

写真

LMCに搭載された空のATAとEuTEFのイメージ(提供:NASA)

ATAは、国際宇宙ステーション(ISS)の外部熱制御系で使用されているアンモニアを補充するタンクであり、P1トラスとS1トラスに設置されています。現在設置されているATAは2台とも空になっているため、新しいATAを運搬して交換し、使用済みのP1トラスのATAを回収します。

また、STS-122(1E)ミッション「コロンバス」(欧州実験棟)の外部に設置され、運用されていた欧州技術曝露実験装置(EuTEF)を取り外して回収します。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約