サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 17A(STS-128)

搭載物

最終更新日:2009年08月25日
画像

ペイロードベイ(貨物室)の搭載状況(提供:NASA)
太字は搭載物、細字はスペースシャトルシステム、青字下線は各説明ページへのリンクを表します。

「レオナルド」(多目的補給モジュール1)
イタリア宇宙機関(ASI)が、スペースシャトルによる輸送用に設計・開発した、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運搬するための再利用型与圧モジュールです。
アンモニアタンク(ATA)
アンモニアタンク(Ammonia Tank Assembly: ATA)は、ISSの外部熱制御系で使用されているアンモニアを補充するタンクです。
JAXA搭載品
JAXAが行う「きぼう」日本実験棟や国際宇宙ステーション(ISS)での実験に関わる物資が打上げ/回収されます。

※TriDAR自動ランデブ/ドッキングシステム( Triangulation-LIDAR sensor: TriDAR)は、3Dカメラ技術とインテリジェント3Dソフトを組み合わせて新規開発した短距離用のレーザーセンサです。開発試験ミッション(Development Test Objectives: DTO)として試験運用を実施するために、ペイロードベイに設置されます。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約