サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの組立フライト 17A(STS-128)

ミッション概要

最終更新日:2009年08月20日

STS-128ミッションは、スペースシャトル「ディスカバリー号」によるNASAのスペースシャトルミッションであり、国際宇宙ステーション(ISS)組立てのフライト名では17Aフライトと呼ばれています。

STS-128(17A)ミッションでは、船内用物資として補給物資、システムラック、および実験ラックを「レオナルド」(多目的補給モジュール1)に、船外用交換品としてアンモニアタンク(Ammonia Tank Assembly: ATA)を軽量型曝露実験装置支援機材キャリア(Lightweight Multi-Purpose Experiment Support Structure Carrier: LMC)に搭載して運搬します。

STS-128ミッションの特徴として、以下が挙げられます。

  • ISS長期滞在クルー1名の交替
  • NASAのニコール・ストット宇宙飛行士が、長期滞在クルーとなります。

  • 補給物資、システムラック、および実験ラックの運搬
  • 新しいATAの運搬と交換・回収
  • 運用が終了した欧州技術曝露実験装置(European Technology Exposure Facility: EuTEF)、材料曝露実験装置6(Materials ISS Experiment: MISSE-6)の取り外しと回収

ミッション結果の要約
ミッション内容
クルー
搭載物
関係機関説明資料
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約