サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」8号機の主な搭載品

最終更新日:2019年8月 9日

「こうのとり」8号機では船内、船外物資合計で約5.4トン(船内物資約3.5トン、船外物資約1.9トン)をISSに運びます。

主な搭載品は以下の通りです。

※別途記載がない限り、このページの画像の出典はJAXAです。
※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

補給キャリア与圧部搭載品(船内物資)

利用実験関連品

細胞培養装置追加実験エリア(CBEF-L)

細胞培養装置追加実験エリア(CBEF-L)

CBEF-L(Cell Biology Experiment Facility-Left:CBEF-L)は、現在「きぼう」で運用している細胞培養装置(Cell Biology Experiment Facility:CBEF)と並行利用することで、ライフ系実験の利用拡大をはかります。CBEFからの改良点として、半径を倍以上にした大型の人工重力発生機で重力差を緩和することができるようになったほか、マウスよりも大きな動物の飼育も可能な実験装置です。


小型衛星光通信システム(SOLISS)

SOLISSシステムFM(フライトモデル)

SOLISS(Small Optical Link for ISS:SOLISS)はソニー株式会社とJAXA宇宙探査イノベーションハブとの共同研究による基盤技術に基づいて、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所とJAXA宇宙探査イノベーションハブが軌道上技術実証のために共同開発した小型衛星光通信システムです。軌道上試験ではISSの「きぼう」船外実験プラットフォームに設置されている中型曝露実験アダプター(i-SEEP)にSOLISSを設置し、1550nm帯のレーザーを用いて地上との通信試験を行います。


惑星表面の柔軟地盤の重力依存性調査(Hourglass)

Hourglass供試体

「きぼう」日本実験棟のみが有する人工重力発生機であるCBEFを用いる実験です。CBEF上に惑星の模擬砂等の粉粒体が入った砂時計型及びメスシリンダ型の実験装置を搭載し、低重力が粉粒体の特性に及ぼす影響を調査することが目的です。


小型衛星放出機構(J-SSOD)と超小型衛星(CubeSat)
小型衛星放出機構(J-SSOD)

小型衛星放出機構(J-SSOD)

九州工業大学とエジプト国立リモートセンシング宇宙科学機関(National Authority for Remote Sensing and Space Science:NARSS)が共同で開発した超小型衛星の他、Space BD株式会社や東京大学が開発した超小型衛星を輸送し、「きぼう」より放出します。

参考


  • 超小型衛星(CubeSat)
    • NARSSCube-1(九州工業大学/エジプト国立リモートセンシング宇宙科学機関(NARSS))

      NARSSCube-1(サイズ:1U)

      共同開発国であるエジプトによる衛星の開発及び運用の確立、衛星に搭載された解像度200mのカメラ実証実験。
    • AQT-D(Space BD株式会社/東京大学)

      AQT-D(サイズ:3U)

      1Uサイズの水を推進剤としたレジストジェットスラスタモジュールの技術実証、UHFアンテナを用いた山岳地帯との通信。
    • RWASAT-1(東京大学/Ministry of Commerce, Industry, & Tourism Rwanda Utilities Regulatory Authority Smart Africa secretariat(ルワンダ共和国))

      RWASAT-1(サイズ:3U)

      ルワンダ共和国研究者の人材育成及び技術力向上、弱電波受信器を搭載し、地上のセンサ情報を収集。

搭乗員関連品

生鮮食品
「こうのとり」5号機で運ばれた生鮮食品

「こうのとり」5号機で運ばれた生鮮食品

「こうのとり」8号機では、5号機、6号機、7号機に引き続き生鮮食品を輸送します。


補給キャリア非与圧部搭載品(船外物資)

ISS用新型リチウムイオンバッテリ

バッテリを搭載した曝露パレット

「こうのとり」8号機では、6号機、7号機に続いて、補給キャリア非与圧部の曝露パレットにISS用の新型バッテリ(日本製のリチウムイオン電池セルを採用)6台を搭載して運びます。


※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約