サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

「こうのとり」4号機(HTV4)ミッション

HTV4ミッションロゴ

HTV4ミッションロゴ

宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)は、国際宇宙ステーション(International Space Station: ISS)に補給物資を運ぶための輸送手段として、日本が開発した無人の物資補給船です。初号機の技術実証機(HTV1)は2009年9月11日に打ち上げられました。その後、およそ1年~1年半に1度の頻度で継続的に打上げを行っています。「こうのとり」4号機は2013年8月4日(日)に種子島宇宙センターから打ち上げられ、物資の補給等を行った後、9月5日にISSから離脱し9月7日に大気圏に突入してミッションを終えました。

新着情報

画像:ICE Box実証結果概要へリンク

ICE Box実証結果概要 (2014年1月14日)

保冷要求である10日間を+4℃±2℃内に維持することを大きく上回り、12日以上の保冷に成功しました。 さらに、10日間で約1℃の上昇に留めており、かつ内部の温度バラつきも0.1℃程度に抑えることができました。これにより、ICE BoxはHTVにおける冷蔵輸送に対して十分な性能を有することが実証されました。

「こうのとり」4号機(HTV4)搭載のi-Ballによる観測結果について

「こうのとり」4号機(HTV4)搭載のi-Ballによる観測結果について(2013年9月 9日)

HTV4に搭載していた「i-Ball」は、9月7日の午後4時13分頃、南太平洋上への着水が確認され、再突入時の破壊現象の把握解析を行う上で必要な加速度や位置情報等のデータを取得することができました。なお、参考情報として取得予定であった他のデータの一部に欠損等が確認されており、原因については現在調査中です。今後、取得したデータの分析を進めます。

画像:「こうのとり」4号機は大気圏に再突入し、ミッションを完了へリンク

「こうのとり」4号機は大気圏に再突入し、ミッションを完了 (2013年9月 7日)

9月7日午後3時11分に軌道離脱マヌーバを完了した「こうのとり」4号機は、高度120kmに達して大気圏へ再突入し、今回のミッションを完了しました。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

≫ これまでの履歴を見る

※打上げ直前の状況については、H-IIBロケットの打上げ輸送サービスを担う三菱重工業株式会社が提供するカウントダウンレポートをご覧ください。

搭載品

FROST

「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫(FROST)

「こうのとり」4号機は、約5.4トンの貨物をISSへ輸送しました。今回は、「きぼう」日本実験棟に搭載する新規開発品の「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫(FROST)や「きぼう」で行われる実験サンプルなどを輸送しました。また、ISS船外のシステム補用品を現在「こうのとり」だけが持つ非与圧部に搭載して輸送し、ISSの維持・運用に貢献しました。

≫ 「搭載品」詳細ページへ

「こうのとり」4号機の特徴

表面電位センサ(ATOTIE-mini)

機体に取り付けられる表面電位センサ(ATOTIE-mini)

主要機器の国産化を進めたことにより、2012年に打ち上げられた「こうのとり」3号機で「こうのとり」の開発は完了しました。従って、基本的には「こうのとり」4号機は3号機と同様の設計です。4号機の特徴を詳細ページに記載します。

≫ 「特徴」詳細ページへ


HTV4ミッション飛行計画(2013年9月7日現在)

項目 計画
HTVフライト名称 「こうのとり」4号機(第4回目のHTVフライト:HTV4)
打上げ日時 2013年8月4日午前4時48分46秒
打上げ場所 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場 第2射点(LP-2)
ISSのロボットアーム
による把持日時
2013年8月9日午後8時22分
ISSとの結合日時 2013年8月10日午前3時38分
ISSからの分離日時 2013年9月5日午前1時20分
大気圏への再突入日時 2013年9月7日午後3時37分頃(推定時刻)
軌道高度 投入高度:200km×300km(楕円軌道)
ISSとのランデブ高度:約410km
軌道傾斜角 51.6度

※日時は全て日本時間

≫ 「飛行スケジュール」ページへ

「こうのとり」4号機結合前後のISS

「こうのとり」4号機結合前のISS

「こうのとり」4号機結合前のISS

「こうのとり」4号機結合後のISS

「こうのとり」4号機結合後のISS

(別途記載がない限り、このページの画像の出典はJAXAです)

最終更新日:2014年01月14日

搭載品

補給キャリア与圧部搭載品

画像:与圧部にHRRが搭載された場合の様子

与圧部にHRRが搭載された場合の様子

補給キャリア与圧部には約3.9トンの物資が搭載されます。それぞれの物資は物資輸送用バッグ(Cargo Transfer Bag: CTB)に入れられ、CTBはHTV補給ラック(HTV Re-supply Rack: HRR)に収納されます。主な搭載品は以下です。

「きぼう」日本実験棟で実施される実験サンプル
実験装置、システム補給品
「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫

「きぼう」搭載用ポータブル冷凍・冷蔵庫(FROST)


「きぼう」輸送用ポータブル保冷ボックス

「きぼう」搭載用輸送用ポータブル保冷ボックス(ICE Box)


再突入データ収集装置(i-Ball)

再突入データ収集装置(i-Ball)

食料品(レトルト品、乾燥食品、菓子類、飲料など)、飲料水

    「こうのとり」による飲料水の輸送は「こうのとり」2号機で初めて行われました。今回は2回目の運搬となりますが、前回と比べて水バッグ(Contingency Water Container-Iodine: CWC-I)の 搭載量が増え、480Lの飲料水を運搬する予定です。

宇宙飛行士が使用する衣類、日用品等

補給キャリア非与圧部搭載品

補給キャリア非与圧部には約1.5トンのISS船外のシステム補用品や船外実験装置が搭載されます。

  • 電力系統切替装置(Main Bus Switchnig Unit: MBSU)
  • MBSUは、S0トラス上に4基が設置されており、ISSの各システムへ供給する電力の分配を行っている重要な装置です。2012年8月から9月にかけて星出宇宙飛行士らが船外活動(Extravehicular Activity: EVA)を行ってMBSUを交換しました。

  • 電力・通信インターフェース機器(Utility Transfer Assembly: UTA)
  • P3/P4およびS3/S4トラスで使われる軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)で、トラス間で回転する太陽電池パドル回転機構(Solar Array Rotary Joint: SARJ)に設置され、P3-P4トラス間及びS3-S4トラス間に電力、通信を供給する機構です。

  • 複数の実験装置を混載した米国の実験ペイロードSTP-H4 (Space Test Program - Houston 4)
曝露パレット搭載図

多目的曝露パレット(EP-MP)への搭載イメージ(出典:JAXA/NASA)

廃棄品の搭載

ISSのゴミや不要となった物資に加え、「こうのとり」としては初めて非与圧部に米国の実験装置STP-H3(廃棄品)を搭載して大気圏に再突入します。

(別途記載がない限り、このページの画像の出典はJAXAです)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約