サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

HTV2ミッションロゴ

HTV2ミッションロゴ

HTV2ミッション

HTV2ミッションは、日本が開発する宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の打上げミッションです。「こうのとり」2号機は、2009年9月に打ち上げられた「こうのとり」1号機(HTV技術実証機)の運用成功に続く、運用機の第1号として位置付けられています。

新着情報

画像:「こうのとり」2号機は大気圏に再突入、ミッション終了へリンク

「こうのとり」2号機は大気圏に再突入、ミッション終了 (2011年3月30日)

「こうのとり」2号機は、3月30日午後0時09分頃、ニュージーランド東の海上上空において高度120kmに達し、大気圏に再突入するとともに今回のミッションを終了しました。

画像:「こうのとり」2号機、再突入に向けて軌道離脱マヌーバを完了へリンク

「こうのとり」2号機、再突入に向けて軌道離脱マヌーバを完了 (2011年3月30日)

宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)は、大気圏への再突入に向けて、3回の軌道離脱マヌーバを完了しました。

画像:「こうのとり」2号機、ISSから離脱へリンク

「こうのとり」2号機、ISSから離脱 (2011年3月29日)

3月29日午前0時46分、「こうのとり」2号機は、ISSのロボットアーム(SSRMS)から放出されました。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

≫ これまでの履歴を見る

HTV2ミッションの目的

HTV2ミッションでは、H-IIBロケット2号機の打上げ、「こうのとり」2号機による国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資の輸送を実施します。また、ISSで不要となった物資を搭載し、「こうのとり」2号機の機体とともに廃棄します。

「こうのとり」2号機は、「こうのとり」1号機の運用結果を反映し、以下の改良が加えられています。HTV2ミッションでは、これらの改良結果の検証も行います。

補給キャリア与圧部
  • HTV補給ラック(HTV Re-supply Rack: HRR)の物資搭載能力の向上
  • 補給キャリア与圧部内の物資搭載場所の拡張
  • 照明装置4基のうち2基を国産のLED照明装置に変更

電気モジュール
  • バッテリの性能向上および搭載数の削減
  • 誘導制御ソフトウェアの改修
  • 航法センサソフトウェアの改修
  • 近傍通信システム(Proximity Communication System: PROX)のトランスポンダ(送受信機)の2系統のうち1系統を国産品に変更

推進モジュール
  • 「こうのとり」1号機で発生した姿勢制御システム(Reaction Control System: RCS)の一部スラスタの温度上昇対策として、温度センサを耐熱温度の高いものに変更

搭載品

(左)勾配炉実験ラック、(右)多目的実験ラック

(左)勾配炉実験ラック、(右)多目的実験ラック

HTV2ミッションでは、約5.3トンの物資をISSに運搬します。

HTV2ミッションでは、勾配炉実験ラックと多目的実験ラック(Multi-purpose Small Payload Rack: MSPR)が補給キャリア与圧部に搭載されます。JAXAの実験ラックが「こうのとり」でISSに運ばれるのは今回が初めてのことになります。そのほか、飲料水コンテナも今回初めて搭載されます。

補給キャリア非与圧部には、NASAの物資であるカーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)とフレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)が搭載されます。これらの物資は、ISSに到着後、軌道上交換ユニット(Orbital Replacement Unit: ORU)の予備品としてISS船外に保管される予定です。

≫ 「搭載品」詳細ページへ

飛行計画

HTV2ミッション飛行計画(2011年3月30日現在)
項目 計画
HTVフライト名称 「こうのとり」2号機(第2回目のHTVフライト:HTV2)
打上げ日時 日本時間2011年1月22日午後2時37分57秒
打上げ場所 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場 第2射点(LP-2)
ISSのロボットアーム
による把持日時
2011年1月27日 午後8時41分(日本時間)
ISS結合日時 2011年1月28日 午前3時34分(日本時間)
ISSのロボットアーム
による取外し日時
2011年3月28日 午後10時29分(日本時間)
ISS離脱日時 2011年3月29日 午前0時46分(日本時間)
大気圏への再突入日時 2011年3月30日 午後0時09分頃(日本時間)
飛行期間 約67日間
軌道高度 投入高度:200km×300km(楕円軌道)
ランデブ高度:約350km
軌道傾斜角 51.6度
主要搭載品 補給キャリア与圧部 勾配炉実験ラック
多目的実験ラック
船内用補給物資(HTV補給ラック6台)
補給キャリア非与圧部 カーゴ輸送コンテナ(CTC)
フレックス・ホース・ロータリ・カプラ(FHRC)

「こうのとり」2号機結合前後のISS

「こうのとり」2号機結合前のISS

「こうのとり」2号機結合前のISS

「こうのとり」2号機結合後のISS

「こうのとり」2号機結合後のISS

最終更新日:2011年2月9日

飛行スケジュール

打上げに向けた作業スケジュール

画像

打上げに向けた作業スケジュール

HTV2ミッション飛行スケジュール

HTV2ミッションでは、宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)が国際宇宙ステーション(ISS)に結合している期間中に、スペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-133ミッション)のISSへのドッキングと分離が予定されています。

「こうのとり」2号機はISSの「ハーモニー」(第2結合部)の下側の共通結合機構(Common Berthing Mechanism: CBM)に結合されますが、そのままの状態では、ISSにドッキングしたディスカバリー号のペイロードベイ(貨物室)から、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を使用して搭載物を取り出すことができなくなるため、ディスカバリー号のドッキング前に「こうのとり」2号機をハーモニーの上側に移動します。ディスカバリー号がISSから分離した後、「こうのとり」2号機は再びハーモニーの下側に戻されます。

HTV2ミッションの飛行スケジュールは、ディスカバリー号の打上げ状況およびISSの運用状況により変更される可能性があります。

HTV2ミッション飛行スケジュール
飛行日(* 主な実施ミッション
1日目
飛行1日目イメージ
打上げ/軌道投入、軌道投入後の運用(サブシステムの起動、姿勢制御、機体の異常点検、米国のデータ中継衛星(TDRS)との通信確立、筑波のHTV運用管制室との通信接続)、ランデブ用軌道制御開始
2~5日目
飛行2日目イメージ
遠地点ランデブ用軌道制御
6日目
飛行6日目イメージ
近傍運用、最終アプローチ、SSRMSによる把持とISSのハーモニー下側のCBMへの結合
  • CBMとの結合の検証
  • 結合部の艤装(配線・ケーブル設置など)、モジュール間換気装置(IMV)の起動など
  • 補給キャリア与圧部への入室、消火器・可搬型呼吸器(PBA)の取付けなど
7日目以降
飛行7日目イメージ
補給キャリア与圧部内からISS内への物資の運び出し、ISS内から補給キャリア与圧部内への不要品の積み込み開始
10日目
飛行10日目イメージ
勾配炉実験ラック、多目的実験ラック(MSPR)を「きぼう」日本実験棟船内実験室に設置
11日目
飛行11日目イメージ
曝露パレットを補給キャリア非与圧部から取り出し、「きぼう」船外実験プラットフォームへ移送・取付け
13~
14日目
飛行13~14日目イメージ
曝露パレットに搭載されたカーゴ輸送コンテナ(CTC)とフレックス・ホース・ロータリ・カプラ(FHRC)を、「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)によりISS船外に仮設置
17日目
飛行17日目イメージ
曝露パレットを補給キャリア非与圧部へ収納
28日目
飛行28日目イメージ
ディスカバリー号のISSドッキングに備えた移動
  • ハーモニー下側のCBMからの分離準備
  • ハーモニー上側への移動
  • ハーモニー上側のCBMとの結合および検証
  • 結合部の艤装(配線・ケーブル設置など)、IMVの起動など
45日目
飛行45日目イメージ
ディスカバリー号のISS分離後の再移動
  • ハーモニー上側のCBMからの分離準備
  • ハーモニー下側への移動
  • ハーモニー下側のCBMとの結合および検証
  • 結合部の艤装(配線・ケーブル設置など)、IMVの起動など
46日目以降
飛行46日目イメージ
補給キャリア与圧部内からISS内への物資の運び出し、ISS内から補給キャリア与圧部内への不要品の積み込み
ISS分離前日
ISS分離前日イメージ
ISSからの分離準備
  • 照明装置、煙探知機、消火器、PBAの取外し(ISSへ保管)
  • CBMの制御装置(CPA)の取付け
  • ハッチ閉鎖、結合部の配線・ケーブルの取外し
  • IMVの停止
ISS分離日
ISS分離日イメージ
ISSから分離
  • ISSのロボットアームで「こうのとり」2号機を把持
  • CBMのボルト解除
  • ISSのロボットアームで「こうのとり」2号機を放出ポジションへ移動
  • 誘導・航法及び制御装置(GNC)の起動、スラスタ噴射準備
  • ISSのロボットアームの把持を解放、ISS軌道からの離脱噴射
再突入
(2日間)
再突入イメージ
軌道離脱制御、再突入

*: 飛行日はISSのクルーが起床した時点から始まります。

※スケジュールはISSの運用状況に応じて変更されることがあります。
※各画像はイメージ(CG、HTV1ミッション時の画像など)です。

【略称補足】
米国のデータ中継衛星(Tracking and Data Relay Satellite: TDRS)
モジュール間換気装置(Inter-Module Ventilation: IMV)
可搬型呼吸器(Portable Breathing Apparatus: PBA)
多目的実験ラック(Multi-purpose Small Payload Rack: MSPR)
カーゴ輸送コンテナ(Cargo Transport Container: CTC)
フレックス・ホース・ロータリ・カプラ(Flex Hose Rotary Coupler: FHRC)
CBMの制御装置(Control Panel Assembly: CPA)
誘導・航法及び制御装置(Guidance Navigation and Control: GNC)

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約