サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

新着情報

※断りのない限り、日時は日本時間です。

画像:HTV-1ミッション 飛行5日目へリンク

HTV-1ミッション 飛行5日目 (2009年9月14日)

飛行5日目を迎えたHTV技術実証機は、順調に飛行を継続しています。飛行6日目には、HTV技術実証機のISSへの最終接近開始の判断を行う、国際宇宙ステーションのミッション管理会議が開催される予定です。この会議では、飛行3日目に実施したHTV技術実証機の軌道上運用検証試験のデータを基に、ISSへの接近運用の安全性について評価されます。最終接近開始が承認されると、HTV技術実証機は、飛行7日目に第1回高度調整マヌーバを実施し、ISSへの接近を開始します。

画像:HTV技術実証機の運用検証試験が終了しましたへリンク

HTV技術実証機の運用検証試験が終了しました (2009年9月12日)

HTV技術実証機の運用検証試験は順調に進み、9月12日午後4時34分、すべての衝突回避マヌーバ(Collision Avoidance Maneuver: CAM)が終了しました。CAM運用において、HTV技術実証機のすべてのシステムが正常に機能することが確認されました。今回の検証試験のデータは、飛行6日目に開催される国際宇宙ステーション(ISS)のミッション管理会議(Mission Management Team: MMT)で評価され、ISSへの最終接近を実施する許可が下りることになります。次回のHTV-1ミッション最新情報は9月14日(月)に更新します。

画像:HTV技術実証機の運用検証試験が開始されましたへリンク

HTV技術実証機の運用検証試験が開始されました (2009年9月12日)

飛行3日目、9月12日午前10時12分からHTV技術実証機の運用検証試験が開始されました。本日の検証試験では、主にHTVの衝突回避マヌーバ(Collision Avoidance Maneuver: CAM)の機能を確認します。CAMは、国際宇宙ステーション(ISS)への最終接近中にHTVに何らかの異常が発生し、それ以上の接近が不可能となった場合に、安全にISSの前方に退避させるための運用です。終了予定時刻は9月12日午後4時33分です。

画像:HTV-1ミッション 飛行2日目へリンク

HTV-1ミッション 飛行2日目 (2009年9月11日)

飛行2日目を迎え、HTV技術実証機は順調な飛行を続けています。国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに向け、9月11日午前9時33分、HTV技術実証機は最初のランデブ用軌道調整マヌーバを実施し、約2時間後の11時49分に初期高度調整軌道に到達しました。飛行3日目の運用検証試験はこの軌道上で実施することになります。次回のHTV-1ミッション最新情報は、9月12日午前中に更新します。

画像:HTVの飛行は正常へリンク

HTVの飛行は正常 (2009年9月11日)

地上との通信を確立したHTVは、9月11日午前2時42分に二軸姿勢の確立を、午前3時16分に、三軸姿勢の確立を確認しました。飛行2日目となる9月11日午前9時30分ごろに行われる最初のランデブ用軌道制御に向けて、各サブシステムの確認が進められています。

画像:HTVはつくばのHTV運用管制室との通信を開始へリンク

HTVはつくばのHTV運用管制室との通信を開始 (2009年9月11日)

軌道に投入されたHTVは、NASAの追跡データ中継衛星(Tracking and Data Relay Satellite: TDRS)の初期捕捉を行ない、通信を確立しました。その後、筑波宇宙センター(TKSC)にあるHTV運用管制室との通信を開始しました。HTVの飛行は正常です。

<< 前のページへ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約