サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

勾配炉実験ラックと多目的実験ラックが「きぼう」船内実験室に設置されました

最終更新日:2011年2月 1日
画像:「きぼう」船内実験室に設置された勾配炉実験ラック

「きぼう」船内実験室に設置された勾配炉実験ラック(出典:JAXA/NASA)

宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の搭載物資を国際宇宙ステーション(ISS)に搬入する作業が1月31日から開始されました。

補給キャリア与圧部に搭載されていた多目的実験ラック(Multi-purpose Small Payload Rack: MSPR)と勾配炉実験ラックは「きぼう」日本実験棟に移され、MSPRは2月1日午前0時51分に、勾配炉実験ラックは2月1日午前3時20分に船内実験室への設置が完了しました。勾配炉実験ラックは、2月2日から起動準備作業が行われ、2月3日からは動作確認が始まる予定です。

補給キャリア非与圧部の曝露パレットを移設する準備も進められています。2月1日午後5時25分からは、曝露パレットをISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で引き出す作業が開始される予定です。

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約