サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙ステーション補給機(HTV)

HTV2ミッションは順調に進んでいます

最終更新日:2011年2月15日

国際宇宙ステーション(ISS)では、宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の補給キャリア与圧部からISSに物資を搬出する作業が続けられています。

現在は、補給キャリア与圧部に搭載して運んだ物資輸送用バッグ(Cargo Transfer Bag: CTB)のうち、71%がISSに搬出済みです。また、「こうのとり」2号機に搭載して廃棄するISSの不要品の積込み作業も並行して行われており、現在は廃棄予定の不要品のうち、40%を「こうのとり」2号機に搭載済みです。

2月18日には、一時的に「こうのとり」2号機の結合ポートを変更する作業が予定されています。この作業は、2月25日打上げ目標のスペースシャトル「ディスカバリー号」によるSTS-133ミッションに備えて行われるもので、「こうのとり」2号機の結合ポートを変更することにより、ディスカバリー号がドッキングした後にペイロードベイ(貨物室)の搭載物をISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で取り出すことが可能になります。長期滞在クルーが操作するSSRMSにより、「こうのとり」2号機は、現在結合している「ハーモニー」(第2結合部)の下側(地球側)の共通結合機構(Common Berthing Mechanism: CBM)から上側(天頂側)のCBMに移動されます。STS-133ミッション後には、再びハーモニーの下側のポートに戻されます。

SSRMSによる「こうのとり」2号機の移設作業は、2月18日午後8時30分から開始され、結合ポートの変更作業は翌19日の午前6時頃に完了する予定です。

画像:ディスカバリー号ドッキング後のISSのイメージ

ディスカバリー号ドッキング後のISSのイメージ(出典:JAXA/NASA)

※断りのない限り、日時は日本時間です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約