サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

デスティニー(米国実験棟)
Destiny
写真:デスティニー(上)(STS-124ミッション)

デスティニー(上)(STS-124ミッション)

「デスティニー」(米国実験棟)は、国際宇宙ステーション(ISS)の組立てフライト5A(STS-98ミッション)で2001年2月に打ち上げられました。

デスティニーは、米国が制作した、ISSで最初の実験棟で、微小重力を利用した実験設備を目的に応じて取りつけたり交換することができると共に、ISSの環境・電力・通信等を制御する機能も備えています。

デスティニー内部の形状は、「きぼう」日本実験棟船内実験室内部と似ており、上下左右にラックと呼ばれる棚が配置されています。ISS組立てフライト5A.1(STS-102ミッション)以降、様々な実験機器が運ばれ、実験が行われています。

動画
デスティニーの取り付け
[4m22s] 56Kbps
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約