サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

ザーリャ(基本機能モジュール)
Zarya (Functional Cargo Block: FGB)
写真:ザーリャ

ザーリャ

「ザーリャ」(基本機能モジュール)は、国際宇宙ステーション(ISS)の最初のモジュールとして、1998年11月に打ち上げられました(ISS組立フライト1A/R)。 ザーリャは、ロシアのフルニチェフ社で製造されましたが、NASAが開発資金を提供したため、所有権はNASAにあります。 ザーリャは、ISSの組み立て初期に軌道上で必要となる宇宙機としての機能(軌道制御、姿勢制御、地上との通信、電力供給、熱制御等)を有します。 2000年7月に打ち上げられた「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)とドッキングした後は、上記の機能はズヴェズダに引き継がれ、ザーリャは主に推進剤の貯蔵、荷物の保管等に利用されています。
ザーリャの主要諸元
項目 諸元
重量 約20,040kg
全長 12.99m
4.1m(最大部)、2.9m(胴体中央部)
太陽電池パドルの全幅 24.4m
軌道上寿命 15年以上
動画
ズヴェズダの打上げの様子
[1m12s] 28Kbps
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約