サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

オーラン宇宙服
Orlan Spacesuit
写真:オーラン宇宙服を着用した船外活動(出典:JAXA/NASA)

オーラン宇宙服を着用した船外活動(出典:JAXA/NASA)

オーラン宇宙服(Orlan Spacesuit)は、ロシアが開発した、船外活動中の宇宙飛行士を宇宙環境から保護するとともに宇宙飛行士の生命を維持するための装置です。

オーラン宇宙服はロシア(旧ソ連)のサリュート宇宙ステーション時代(1971年~86年)から使用が開始され、その後、ミール宇宙ステーション時代(1986年~2001年)、国際宇宙ステーション(ISS)時代(2001年~)と改良が重ねられて現在に至っています。

宇宙服アセンブリと生命維持システムによる構成は、米国の船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit: EMU)と同様ですが、オーラン宇宙服は宇宙服アセンブリと生命維持システムが一体化されており、背面にある開口部から宇宙服アセンブリ内に入ることで、1人で装着できることが特徴となっています。

オーラン宇宙服は、内部気圧が約0.4気圧とEMUに比べて高めのため、船外活動クルーが宇宙服を着用後、体内から窒素を追い出すために要するプリブリーズと呼ばれる待機時間が約30分と短くなっています。また、EMUは地上に回収後、整備・再使用することを前提に開発され、寿命も30年と長く設定されていますが、オーラン宇宙服は一定の期間・回数を使用した後は廃棄することを前提に開発されており、EMUに比べて寿命は短く設定されています。

オーラン宇宙服の構造(出典:JAXA/NASA)


オーラン宇宙服(Orlan-M)の仕様
項目 仕様
内部気圧 0.4気圧(純酸素)
最大連続運用時間 7時間
緊急時の酸素供給時間 30分
重量 約108 kg
寿命 4年または使用回数12回以内
(寿命に達した古い宇宙服は、プログレス補給船
などに搭載して廃棄する)
サイズ 身長:165~182cm 胸囲:94~110cm
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約