サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

欧州補給機
Automated Transfer Vehicle: ATV
写真:欧州補給機(ATV)初号機(出典:JAXA/NASA)

欧州補給機(ATV)初号機(出典:JAXA/NASA)

欧州補給機(Automated Transfer Vehicle: ATV)は、水、空気、酸素、推進剤、与圧貨物などを国際宇宙ステーション(ISS)へ定期的に運搬することを目的とした、欧州宇宙機関(ESA)が開発した無人の輸送機です。

ATVはアリアン5ロケットにより、南米フランス領ギアナのクールー宇宙基地から打ち上げられます。ISSにドッキングする際は、ISSの後方より接近し、「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)後部のドッキングポートへ自動でドッキングします。

ドッキング中には、搭載物資の移送作業がISSクルーにより行われます。また、ATVに搭載している推進剤を使用してISSのリブースト(軌道上昇)を行うとともに、ISSの姿勢制御を行います。ISSへの物資補給を終えた後は、ISSの不要品を搭載してISSから分離し、大気圏へ再突入して投棄されます。

ATVは、2015年2月にATV-5ミッションが終了すると終了となります。計5機のISSへの補給で終わり、以後、欧州宇宙機関(ESA)はNASAのオリオン宇宙船のサービスモジュールの開発・製造を行う事で、ISS運用経費の負担をまかなっていきます。

射点に到着したアリアン5ロケット(出典:JAXA/ESA-S.Corvaja,2011)

アリアン5ロケットの打上げ(出典:JAXA/ESA-S.Corvaja,2011)


ATVの諸元
項目 仕様
大きさ 全長 9.794m
直径 4.48m
太陽電池パネル含めた全幅 22.281m
打上げ時の最大重量 20,750kg
補給品の搭載能力
(計7,667kg)
水の最大重量 840kg
空気(酸素、窒素、空気)の最大重量 100kg
ISSへの補給用推進剤の最大重量 860kg
リブースト用の推進剤の最大重量 4,700kg
上記補給品を除くドライカーゴ(乾貨物)の重量 1,500~5,500 kg
不要品の搭載能力 6,300kg
関連リンク
カテゴリー

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約