サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS関連用語集

KC-135
KC-135
写真:急上昇するKC-135

急上昇するKC-135

KC-135は米ボーイング社製の航空機で、NASAにより宇宙飛行士の無重量環境訓練に使用されています。 通常の高度から急上昇し、エンジンをアイドリング状態にすると、機体が放物線を描いて飛行します(これをパラボリックフライトと言います)。その瞬間から機内は約20秒間無重量状態になり、その間に宇宙飛行士が様々な訓練を行います。 一度の飛行で30~40回のパラボリックフライトを行いますが、飛行中は上昇と下降の連続ですので気分を悪くする人も多く、そのような訓練に耐えるのも宇宙飛行士の使命なのです。 NASAの無重量環境試験計画は1959年に始まり、KC-135はこれまでにマーキュリー、ジェミニ、アポロ、スカイラブ、スペースシャトル、ISSの各計画や、映画「アポロ13」の撮影にも使用され、計80,000回もの飛行を行いました。
動画
野口宇宙飛行士によるKC-135機内でのタイル修復訓練
[0m56s] 56Kbps
関連リンク
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約