サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXAの宇宙飛行士

いよいよ、海中での生活が始まりました

#4

最終更新日:2012年6月14日
写真:試験前は、緊張が一番高まる瞬間です。でも、カメラの前では笑う!先輩飛行士を見習っての行動です

試験前は、緊張が一番高まる瞬間です。でも、カメラの前では笑う!先輩飛行士を見習っての行動です(出典:JAXA/NASA)

海の中は、本当に綺麗です!一日中窓から海中を眺めていたい気分ですが、当然のことながら、そうは行きません。生活のスケジュールは、宇宙での生活と同様、分刻みでスケジューリングされています。スケジュールに追われ始めると、良い判断ができなかったり、慌ててしまい単純なミスをしたりしてしまう可能性が高くなります。常に2~3つ先のスケジュールを念頭に、事前に準備できることは、時間があるうちに準備しておくことが重要です。そうすることで、自分のためだけでなく、チーム全体のために自分の能力を活用することができるようになります。(もちろん、自分のことは、全てしっかり実施した上でのことですが...)

写真:クルーのティムさんと作業中。小惑星では重力が無いに等しく、移動も注意して行わないと宇宙に放り出されてしまいます!

クルーのティムさんと作業中。小惑星では重力が無いに等しく、移動も注意して行わないと宇宙に放り出されてしまいます!(出典:JAXA/NASA)

私は、クルーの中で唯一英語が母国語ではありません。そこで迷惑をかける分、他の部分で貢献する必要があります。英語でコミュニケーションを取る時に、特に重要なのは、疑問に思ったことをそのままにしておかないことです。すぐに質問して内容をしっかり理解してから実施しないと、正確なデータが取得できないだけでなく、危険でもあります。私が、すごいことをしている様に感じる方もいるかもしれませんが、実は皆さんの日々の生活での心がけとあまり変わりません。「家族や仲間のために働けるように、自分の事をしっかり先に済ませる。学校の勉強でも、解らないところはすぐに質問する。」と言った具合です。皆さんもいつもやっていることではないですか?(または、やった方が良いと思っている事?)

さて、今日は今回のミッションと、航空機のテストとの共通点についていくつかお話しします。

実は、共通点が多すぎて、違うところを探す方が大変なくらいです。

写真:試験が終わってホッと一息。今日の反省、試験後のブリーフィングや明日の事を考え始めています

試験が終わってホッと一息。今日の反省、試験後のブリーフィングや明日の事を考え始めています(出典:JAXA/NASA)

まず、最初に挙げられる共通点は、試験の準備に多くの時間を要することでしょう。今回のNEEMOミッションの準備は、約半年前から本格的に始まっています。航空機の試験も、簡単なものでも半年ほど前から、解析や手順の作成など多くの準備が開始されます。また、多くの専門家が協力して準備を行うのも同じですし、最終的に取得したデータが非常に重要であることも共通です。どんなに準備を完璧に行っても、テストパイロットやクルーが失敗してデータの取得に失敗すると、長期に渡るすべての努力と投資した予算が無駄になります。ですから、データ取得にかける意気込みや緊張感は半端なものではありません。正確なデータを元に今後のミッションを準備すれば、将来の活動をより安全に行う事ができるだけでなく、将来の予算を大幅に節約できます。具体的に航空機を例に説明すると、量産される前に修正すべき箇所を発見できれば、安全で使いやすい航空機が量産され、後で量産機を改良するような事態を避ける事が出来、お金と時間を節約できます。今回のNEEMOのような試験では、早い段階で効率の悪い船外活動の方法を見つけておけば、今後向かうべき方向性が明らかになり、余計な予算を使わなくても良くなります。航空機のテストや今回の様な活動は、将来への投資なのだと思います。

どの分野でも、同様だと思いますが、将来への投資は非常に重要です。私の個人的な考えですが、「苦労」と「将来への投資」は少し似ています。「苦労」も「将来への投資」も、その時点では厳しく感じることが多いです。しかし、それらは個人や組織の成長を促し、明るい将来への道を拓きます。私も今は苦労していますが、明るい未来を信じて頑張ります!

写真:アクエリアス付近を泳ぐ海亀

P.S. ミッション3日目に、かわいい海亀に出会いました!少しは私のスキルを認めてもらえたのでしょうか? 少し嬉しかったですが、当然試験は継続。挨拶する間もなく、海亀は去って行きました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約