サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXAの宇宙飛行士

第16回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO16)訓練

最終更新日:2012年06月25日

油井宇宙飛行士は、米国時間2012年6月11日から22日にかけて、第16回NASA極限環境ミッション運用(NASA Extreme Environment Mission Operations: NEEMO)(NEEMO16)訓練に参加しました。

ミッション期間中に、日々の訓練の様子やアクエリアスでの生活などを、現地から油井宇宙飛行士本人が綴った日記です。


画像:NEEMO16のミッションが無事に終了しましたへリンク

NEEMO16のミッションが無事に終了しました(2012年06月25日)

恐怖や緊張について話していた、ミッションの開始前が懐かしいです。今日は、ミッションの総括的な意味を込めて、将来の有人宇宙開発について書いてみたいと思います。

 

≫続きを読む
≫日記一覧へ

海底での実験結果を予測しよう!
- Science Under Pressure Challenge -

「アクエリアス」の特殊な高圧環境を利用して科学実験を行い、TwitterとFacebookを通じて、実験結果の予想を募るコンテストを行いました。

≫コンテストの詳細へ

「アクエリアス」から記者会見を実施

日本時間6月17日午前9時(米国東部夏時間6月16日午後8時)からおよそ20分間、「アクエリアス」とJAXA東京事務所をTV会議でつなぎ、油井宇宙飛行士による記者会見が行われました。

会見の様子

会見の様子(出典:JAXA)

会見の冒頭で油井宇宙飛行士から、NEEMO16訓練の目的、概要を説明し、現在の訓練状況に加えて、一緒に生活しているクルーや「アクエリアス」について紹介しました。

冒頭の挨拶に続いて行われた質疑応答では、記者から、惑星探査を模擬した訓練を通して学んだことや感じたこと、2.5気圧の「アクエリアス」で過ごすことにより生活や身体に起きた変化、他のクルーとのチームワークなどについて質問を受けました。惑星探査を模擬した訓練に関しては、地上との通信の遅れを模擬していることに触れ、コミュニケーションをうまく取るための手法についてのデータを蓄積したことや、宇宙飛行士とロボットのそれぞれの役割について学んだことなどを語りました。「アクエリアス」での生活について、主観的には身体の変化は感じていないことを述べ、チームワークについては、厳しい環境だからこそチームの絆が強くなっていることを語りました。

質疑応答の後、油井宇宙飛行士は、「将来の有人探査のため、有効なデータが取れるよう、テストパイロットの経験を生かし頑張りたい」と残りの訓練に向けた意気込みを語り、会見を終了しました。

第16回NEEMO(NEEMO16)訓練の概要

写真:海底約20mに設置された閉鎖施設「アクエリアス」

海底約20mに設置された閉鎖施設「アクエリアス」(出典:JAXA/NASA)

写真:NEEMO15での船外活動の様子

NEEMO15での船外活動の様子(出典:JAXA/NASA/NOAA/UNCW )

NEEMO訓練は、米国フロリダ州沖合の海底約20mに設置された「アクエリアス」と呼ばれる閉鎖施設内で生活を行い、宇宙飛行に似た環境下で国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッションなどで必要となるリーダーシップやチームワーク、自己管理などの能力を向上させるとともに、ISSおよび月・火星探査に向けた新技術・ミッション運用技術の開発などを目的として実施するものです。「アクエリアス」は、米国海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration: NOAA)が設置し、ノースカロライナ州立大学ウィルミントン校(UNCW)によって運用されている施設です。
2006年には若田宇宙飛行士が、コマンダーとして第10回NEEMO(NEEMO10)訓練に、2007年には古川宇宙飛行士が、搭乗員として第13回NEEMO(NEEMO13)訓練に、2011年には、搭乗員として第15回NEEMO(NEEMO15)訓練に大西宇宙飛行士が、それぞれ参加しました。

油井宇宙飛行士が参加したNEEMO16訓練では、

  • 小惑星探査を想定した船外活動
  • 小潜水艦との船外での協働作業

を行いました。

これらの作業は、実際のミッションと同様、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にあるミッションコントロールセンターからの指示に基づいて進められました。また、小惑星探査を意識した通信の遅れ(約50秒)などが模擬され、現場におけるクルーの自立性を重要視した内容となっています。

NEEMO16訓練計画
項目計画
実施期間 2012年6月11日~6月22日(米国時間)
実施場所 海底研究室「アクエリアス」(フロリダ州キー・ラーゴ沖)
訓練参加者 コマンダー ドロシー・メカフ・リンデンバーガー(NASA宇宙飛行士)
搭乗員 油井 亀美也(JAXA宇宙飛行士)
ティモシー・ピーク (ESA宇宙飛行士)
スティーブン・スクワイヤーズ(コーネル大学)
技術支援員 ジェイムス・タラチェック(国立海中研究センター)
ジャスティン・ブラウン (国立海中研究センター)

画像:NEEMO訓練全体像

ガゼボ:お風呂の中に洗面器を逆さまにして沈めたイメージで、内部には空気が充填されています。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約