サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート

JAXA宇宙飛行士活動レポートに連載している油井・大西・金井宇宙飛行士が綴るコラム記事“新米宇宙飛行士最前線!”のバックナンバーです。
最終更新日:2013年12月20日

皆さん、こんにちは!

そして、大西さん、長期滞在決定おめでとうございます!

私も、2009年に一緒に選ばれた仲間がアサインされた事は、本当に嬉しいです!今後も助け合いながら一緒に頑張っていきたいと思います!

さて、今年日本では「倍返し」という言葉が流行ったと伺いました。きっとこれは、啓示かもしれませんね。そうです!昨年私の他己紹介をしてくださった大西さんに「倍返し」です!

私と大西さんの出会いで覚えているのは、やはり最終選抜の際の出来事です。大西さんも、私の第一印象は「普通の眠そうなおじさん」だったようですが、私の大西さんに対する第一印象も似たようなもので、「普通のイケメンパイロット」でした!ただその後、頭脳明晰と聞き、世の中には本当に恵まれた才能を持っている方がいるのだな。と思った印象があります。

皆さんは、大西さんが選抜された理由について何をご存知ですか?きっと一番最初に頭に浮かぶのは、「エンターテイナー」でしょうか(笑)。選抜試験の番組や本をご覧になった方々は、閉鎖環境試験で出されたある課題で大西さんが行った「1人オペラ」についてご存知かもしれませんね。全てを説明するのは、難しいですが、あの課題で大西さんの印象が変わったのは事実です。私もあのオペラを見て涙しましたから。(でも、私が泣いたのも、閉鎖環境という特殊な環境で、娯楽に飢えていただけかもしれませんね(苦笑)。)

ただ、大西さんの魅力は当然エンターテイナーとしての能力だけではありません。大西さんが優れているのは、実は他の方をサポートするフォロアーシップの能力です。選抜試験の最中も、何度か大西さんと同じグループになって、作業やディベートをしましたが、大西さんは、誰かがリーダーシップを発揮している時に、本当にさりげなくサポートしてくれるのです。誰かがリーダーシップを発揮している時に、大西さんから「そうですね。それはうまくいきそうですね。」などと言われると、リーダーとしても安心してプランを実行できますし、「それは、駄目です!それを変えることは、目的の変更につながり、全体がうまくいかなくなりますよ!」などと言われると、助言が的を射ているだけにとても助かるのです!(生まれた時期によっては、優れた軍師になった事でしょうね。)

更に、人間関係を作り上げるのが上手で、いろいろなタイプの方と会話で打ち解けていく能力はとても素晴らしいものがあります。NASAでトレーニングを受けていても、いろいろな方々の信頼を得ているのがよくわかります。今回、長期滞在決定時の記者会見でも、人々に親しまれる飛行士になりたいとコメントを述べておられましたが、大西さんの能力を持ってすれば、さほど困難ではないでしょう!イケメンということで、女性の宇宙に対する関心を深める分野で活躍が期待出来そうですね(笑)。一方私は、中年の星となるべく別の分野で頑張ります!

さて、ここまではお決まりの、どこにでもあるようなお話ですので、皆さんが期待している裏話に移りましょう。

選抜試験の際、私はある時から大西さんに非常に親近感を覚える様になりました。その理由は?大西さんも私も絵が非常に苦手という所です。私達の閉鎖環境での生活の様子を絵で表すという、私が最も苦手とする課題の際に、ふと大西さんの様子をみると、大西さんもかなり苦戦しているようでした。結果をみれば明らかで、大西さんと私の絵は、まるで幼稚園児が描いた絵の様になっていました。更に、折り鶴の課題では、最初に指定された時間では間に合わずに、やはり大西さんと私だけが最後の最後まで時間を見つけて折り鶴をしていた事を思い出します。(参考:絵と折り紙課題は、金井さんの得意分野でした。金井さんの作業は、早く美しくと言った感じて、私と大西さんとは対照的でした(笑)。)

絵を上手に書く能力などが重視されていたら、大西さんと私が選ばれる事はなかったでしょうね。でも、大西さんと私が大きく異なるのは、大西さんは芸術のセンスをお持ちだという事です。オペラをみたり、様々な分野の映画をみたり、音楽を聞いたりしていることもあり、一緒に食事にいくとチョットした評論家ぶりを発揮してくれます。また、その際には特有のこだわりがあって、とてもユニークなんですよ!例えば、お気に入りの映画のお気に入りのシーンの解説をさせると、1時間は余裕で話ができるのではないでしょうか?そして、そのシーンというのが、かなりのマニアでないと、気づきもしないし、思い出せないようなシーンなのです(笑)!その解説が始まると、私などは得意の「聞き流し&相槌」に入ってしまうのです…(「油井さん!あの時、油井さんも凄いよね!とか言ってたじゃないですか!覚えてないんですか?!」なんてあとで責められることもしばしば…)

大西さんの事を書き始めると、様々なことが頭に浮かんで、正直話題には事欠きません。私にとって大西さんは、本当に信頼できる友人であり、切磋琢磨できるライバルでもあります。とても仲が良いので私の妻も少々嫉妬することもあるようです。先日も、昼休みに一緒に中華料理を食べに行ったところを、他の奥様達に目撃され、その情報が夕方までに私の妻の耳に入りました。

私「ただいま~」
妻「おかえり~。私、今度中華料理を食べに行きたいんだけど…そうそう!○○ね!」
私「いいよ~。(おいおい、今日の昼に行っちゃったよ。また明日行くのか~)」
妻「(ニヤニヤ)大西さんと楽しそうに話してたんだって~。仲良いよね~。」
私「(わっ。もう知っているの!)」

女性ネットワークの凄さを改めて思い知りました(笑)!

大西さん!お店を潰さない程度にまた一緒に食事に行きましょうね!ロシアでの訓練のツボをしっかり伝授させて頂きます!

改めて、本当におめでとうございます!そして、一緒に頑張りましょう!

写真

飛行士候補者に選抜された直後の写真です!いや~、流石イケメン飛行士!大西さんは笑顔もさわやかですね!ちなみに、全く違う顔ですが、米国人には少し判別が難しいのか、よく大西さんと間違えられます。何と光栄な事でしょう(笑)!(実はTakuya, Kimiya と名前が似ていて、二人ともパイロットだったという経歴の類似性から、間違えてしまうようです。)

※写真の出典はJAXA


≫バックナンバー一覧へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約