サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート

JAXA宇宙飛行士活動レポートに連載している油井・大西・金井宇宙飛行士が綴るコラム記事“新米宇宙飛行士最前線!”のバックナンバーです。
最終更新日:2013年4月19日

みなさん、こんにちは!

今回の宙亀日記は、3月31日、ロシアに向かう飛行機の中で書いています。

皆さん、宇宙に関する話題をお望みですよね…でも、今回は、今思っている事を素直に書こうと思います。宇宙の話とあまり関係がありませんが、読んで頂ければ幸いです。

最近、私の頑張りを見て励まされたというメッセージを頂く事があります。私の頑張りを認めて頂いた気がして、とても嬉しいです。でも、他方で私の頑張りなんて、大した事では無い事を私自身が一番良く知っています。私は、まだ努力が足りないですし、時間を無駄にしています…それを痛切に感じるのは、被災地で復興の為に努力している方々の話を聞いたり、恵まれない環境でも頑張っている方々の話、病気と闘っている方々の話を聞いたりする時です。以前もツイッターで話をしましたが、私が立派に見えるのは、環境を整えてくれる多くの方々がいるからであって、その方々の助け無しには、私は自分の任務を遂行できないのです。言ってみれば、私は花壇の中の花みたいなものですね。

私が本当に尊敬するのは、目立たない所で、ひっそりと努力を続けて、地道に生きている、そして努力している方々です。この世の中には、人に注目されるとか、されないとかに関わらず、地道に自分のやるべきことを、日々しっかりと実行している方々が沢山います。本当は、その様な方々が社会を支えているのですし、未来を明るいものにしているのだと思うのです。

それでは、環境を整えて頂いている私は、一体どうすれば良いのでしょう?私は、世界中の誰にも負けないぐらいの努力で応えるしかないと思っています。今、飛行機に乗っていますが、私は飛行機に乗る際や各種訓練に望む際に、今日、万が一の事が起こった際に、自分の人生に納得いくのか自問自答しています。私は、自分の人生に納得がいくかどうかには2つの観点があると考えています。1つ目の観点は、「自分がどれだけ努力して自分の目標を達成してきたか?」という観点です。これに納得できる人は、自分が死に望む際に「自分は常に出来るだけの事はやって来た」と納得できるのではないかと思っています。もう1つの観点は「自分がどれだけ社会に貢献できたか?」という観点です。正直言って、私はこの2つ目の観点では全くもって落第です。私は、多くの方々に助けて頂いてばかりで、それに対する恩返しは、これまでのところ、全く出来ていません。

実は、最近私の人生の目標は「どれだけ多くの方々の為に貢献できるか?」という事に変わってきました。ですから、以前はとにかく頑張っていれば、死ぬ時もきっと納得が出来るだろうと思った事もあったのですが、最近は「まだまだ死ねないな!」と思うようになってきたのです。私は、社会への貢献がまだまだ足りません!私を助けて下さっている方々、税金を支払って下さっている方々、私を応援してくれてくださっている方々に何らかの恩返しをしないと死にきれません!私は、自分が死んだ時には、何も残らず、単にこの世から消え去ると考えています。

(これは、私自身の考えなので、正しいとも正しくないとも言えないのです。宗教や人生観の問題ですからね。実は、私が小学校の頃に、姉に質問した事があるのです。「人が死ぬとどうなるのか?」という事を…その時の姉の回答は「自分が生まれる前の事を憶えてる?何も解らないでしょ?それと同じ状態になるのよ!」でした。当時、私は歴史を全く勉強していませんでしたので、自分が生まれる前の知識が全くありませんでした。それゆえに、私が生まれる前の「無」を実感できましたし、自分の死が同様の「無」であることを自分なりに実感したのです。)

そして、私の死後には、どれだけ社会に貢献したかと言う評価だけが、人々の心に残るという事も知っているつもりです。ですから、今後も自分自身で納得のいく努力を続けたいですし、その努力の方向性を「他の方々の役に立つ」という方向に向ける事で、最初に述べた2つの観点で自分の人生に納得できる様にしたいと思っているのです。

人が、それぞれの立場で一生懸命努力している姿は、他の多くの方々の感動を呼び、多くの方々に良い影響を与えます。私は、多くの方々に感動を呼び起こせる程の努力をしているかと言うと、まだまだ不十分です。「自分に厳しく!」言うのは簡単ですが、実行するのは本当に難しいです。私は、いつも物理的な限界に行き着く前に、自分の心の限界によって努力をやめそうになる事が多いです。そんな時に私に「お前の限界はもっと先にある!」と激励してくれるのは、私の周囲にいる家族であり、友人であり、職場の仲間です!きっと、人間は一人で頑張るのには限界があるのでしょう。ですから、皆様方も自分がやるべき事を頑張りながら、時には周囲を見渡し、心の限界に行き着いて諦めそうになっている人を励まして欲しいと思います。そして、時には家族や仲間同士で、それぞれの長所やどの様にしたらそれぞれの長所を生かしながら社会に貢献できるのかという事を話し合って欲しいと思います。そうすれば、多くの方々が社会に貢献出来る形で自分自身の秘めた可能性の限界まで能力を発揮することが出来、その結果、多くの方が納得の行く人生を送る事が出来る様な気がするのです。

少し偉そうな事を書いてしまいましたね。申し訳ありません。

そろそろ、飛行機がモスクワに到着します。これを皆様が読んでいるということは、私が無事にロシアに到着し、星の街で訓練に励むことが出来ているということでしょう。「些細なことも当たり前と思わずに、今自分が出来る事を最後まで継続する!」当たり前の事ですが、実行するには助け合いが必要です。私も皆様方に負けないように頑張ります。それによって、皆さんを元気付けることが出来るとしたら、これほど嬉しいことはありません!他方で、もし皆様方が私の訓練や活動を見て、もっと努力できるところに気付いたとしたら「油井さん!もっとこんな事も出来るのでは無いですか?」と遠慮なく仰って下さい。このページの最後には、皆様方からのご意見を伺う欄が設けられています。私達は、皆様のメッセージを全て読んでいます!是非私が、自分の限界に挑戦できるように、そして宇宙の無限の可能性を少しでも引き出し、皆様方に貢献出来る様に、応援をして下さい。今後ともよろしくお願いします!

写真:ロシアに無事に着いたものの、この天気には驚きです!ヒューストンでは30℃に近い日もあったのに、こちらはまだまだ、春が遠い感じでした。健康管理が大変です!

ロシアに無事に着いたものの、この天気には驚きです!ヒューストンでは30℃に近い日もあったのに、こちらはまだまだ、春が遠い感じでした。健康管理が大変です!

写真:ゴム長靴

今回の話題に関連する写真が無いので、話題提供ということで…

この茶色のゴム長靴は何でしょう?そうです!ツイッターで紹介したゴム長靴です。

確かに格好は悪いのですが、機能は抜群です(笑)。ただ、日本の宇宙飛行士と言う以上、あまり格好が悪いのも問題なのかもしれません…ファッションセンス…私に全く関係の無い言葉です…

※写真の出典はJAXA


≫バックナンバー一覧へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約