サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2013年12月

星出宇宙飛行士、CAPCOMとして米国の船外活動を支援

最終更新日:2014年1月24日
写真:より大きな写真へ

12月21日に行われた船外活動において、CAPCOMのコンソールに就く星出宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

12月11日に発生した国際宇宙ステーション(ISS)の外部熱制御システム(External Thermal Control System: ETCS)の異常へ対処するために12月21日と24日に行われた米国の2回の船外活動において、星出宇宙飛行士が、NASAのミッションコントロールセンターでISSとの交信を務めるCAPCOM(Capsule Communicator)を担当しました。

写真:より大きな写真へ

船外活動中にSSRMSを操作する若田宇宙飛行士(出典:JAXA/NASA)

この船外活動は、ETCSの故障したポンプモジュールを予備品に交換するために行われました。

星出宇宙飛行士は、NASAの飛行管制官の一員として、地上と軌道上のクルーがコミュニケーションを取る窓口となり、船外活動の成功に大きく貢献しました。

軌道上では、若田宇宙飛行士が船外活動においてISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)操作を担当しました。若田宇宙飛行士は、船外活動クルーが先端に乗ったSSRMSを操作し、船外活動クルーの移動を支援しました。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約