サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2011年4月

最終更新日:2011年5月27日

JAXA宇宙飛行士の2011年4月の活動状況についてご紹介します。

JAXA宇宙飛行士のロシアでの活動

記者会見を行う古川宇宙飛行士

記者会見を行う古川宇宙飛行士(出典:JAXA/GCTC)

古川宇宙飛行士の訓練公開において、訓練施設を案内する星出宇宙飛行士(右)

古川宇宙飛行士の訓練公開において、訓練施設を案内する星出宇宙飛行士(右)(出典:JAXA/GCTC)

国際宇宙ステーション(ISS)の第28次/第29次長期滞在クルーである古川宇宙飛行士は、ISS長期滞在に向けた最終訓練を行うために米国からロシアへ移動し、ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)にて、ISSのロシアモジュールとソユーズ宇宙船に関わる訓練を行いました。

訓練期間中には、シミュレータを用いてソユーズ宇宙船の操作方法などを確認するソユーズ統合シミュレーション訓練の模様が報道関係者向けに公開されました。訓練公開当日には、記者会見も行われ、古川宇宙飛行士は長期滞在への意気込みを語りました。訓練公開には、自身のISS長期滞在に向けてGCTCで訓練を行っていた星出宇宙飛行士も立ち会い、報道関係者に対して訓練内容や訓練設備について解説しました。

古川宇宙飛行士、ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GCTC)での訓練をプレス公開

第32次/第33次長期滞在クルーである星出宇宙飛行士は、GCTCで新型のソユーズTMA-M宇宙船に関わる訓練を行いました。

星出宇宙飛行士は、ソユーズ宇宙船の姿勢制御システムや帰還モードなどについて、講義を受けるとともにシミュレータを使用した実技などを行い知識を深めました。また、ソユーズ宇宙船の操縦手順書についての講義や、ソユーズ宇宙船でのフライトの一部をシミュレータでシナリオに沿って模擬するソユーズ統合シミュレーション訓練をふたりの搭乗クルーとともに実施し、より実際のフライトに即した実践的な訓練を開始しています。その他、ISSのロシアモジュールに設置されているメディカルサポートシステムなどについても訓練を受けました。

今回のロシアでの訓練では、ソユーズに一緒に搭乗するユーリ・マレンチェンコ、サニー・ウィリアムズ両飛行士と初めて一緒にソユーズの訓練を行いました。今後打上げに向けて更に共に行う訓練が増えていくでしょう。楽しみです。
さて、打ち上げと言えばいよいよ6月に古川飛行士がISS長期滞在を始めます!お医者さんとしてのバックグランドを生かして、いろんな実験に取り組まれることと思います。乞うご期待!!

第38次/第39次長期滞在クルーの若田宇宙飛行士は、ISS長期滞在中にロシアクルーと円滑にコミュニケーションが取れるように、ロシア語の能力向上とともにロシアの文化を学ぶため、モスクワでホームステイし、没入型のロシア語訓練を実施しました。

4月12日、ロシアのユーリ・ガガーリン宇宙飛行士による人類初の有人宇宙飛行から50周年を迎えたロシアでは、モスクワ市内やGCTCなどで様々な祝賀イベントが行われ、モスクワのクレムリン宮殿においては、有人宇宙開発に貢献した約60名の外国人宇宙飛行士に対し、その国際的功績を称えるメダル"Medal award for contribution in space development"の授賞式典が行われました。JAXA宇宙飛行士では、若田、野口両宇宙飛行士がこの賞を受賞し、式典に出席した野口宇宙飛行士は、ロシアのメドベージェフ大統領から直接メダルを授与されました。

JAXA宇宙飛行士、ガガーリン50周年式典にてメダル授与

宇宙飛行士候補者訓練

地質学の実地研修に参加する油井(右)、大西(左)両宇宙飛行士候補者

地質学の実地研修に参加する油井(右)、大西(左)両宇宙飛行士候補者(出典:JAXA/NASA)

油井、大西、金井宇宙飛行士候補者は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)を拠点とした米国での宇宙飛行士候補者訓練を継続しています。

油井宇宙飛行士候補者は、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)に関わる訓練を、金井宇宙飛行士候補者は、船外活動に関わる訓練を中心に行いました。大西宇宙飛行士候補者は、野口宇宙飛行士とともに、STS-133(ULF5)ミッションで実施された船外活動を模擬した訓練を行いました。また、油井、大西両宇宙飛行士候補者は、アリゾナ州フラッグスタッフ近郊において、将来の探査ミッションを見据えた地質学の実地研修を行いました。

3人は、T-38ジェット練習機での飛行訓練や語学訓練も継続しています。


≫JAXA宇宙飛行士活動レポートの一覧へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約