サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2009年11月

星出宇宙飛行士、ISS長期滞在決定

最終更新日:2009年12月28日

ISS長期滞在決定後、会見を行う星出宇宙飛行士

星出宇宙飛行士は、国際宇宙ステーション(ISS)の第32次/第33次長期滞在クルーとして、2012年初夏頃から約6ヶ月間、ISSに長期滞在することが決定しました。

星出宇宙飛行士は、日本および国際パートナーの科学実験をはじめとする宇宙環境の利用に重点をおいた活動をISSで行うことになります。

今後は、ISSでの科学実験、「きぼう」日本実験棟をはじめとするISS各施設のシステム運用およびISSのロボットアーム操作に必要な訓練を行うとともに、ソユーズ宇宙船搭乗に必要な訓練を実施する予定です。

星出宇宙飛行士のISS長期滞在決定!

2012年初夏頃からのISS第32次/33次長期滞在搭乗員として、ISSに6カ月滞在することになりました。
今夏までISSに滞在した若田宇宙飛行士、現在滞在中の野口宇宙飛行士、そして2011年から滞在する古川宇宙飛行士に続き、ISSそして「きぼう」を最大限利用できるよう、頑張りたいと思います。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約