サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2008年11月

STS-124ミッションの公式飛行記念品返還

最終更新日:2008年12月18日
フォトライブラリへ

茗溪学園中学校高等学校の校旗返還の様子(左から柴田淳校長、星出宇宙飛行士)

フォトライブラリへ

ラグビージャージ返還の様子(右から日本ラグビーフットボール協会の森喜朗会長、星出宇宙飛行士、ラグビー日本代表の太田治ゼネラルマネージャー)(©2008,JRFU)

星出宇宙飛行士は、母校の茗溪学園中学校高等学校(茨城県)を訪れ、STS-124(1J)ミッションの公式飛行記念品を返還しました。

公式飛行記念品は、宇宙飛行士に関係する機関からの記念品で、スペースシャトルに持ち込まれて宇宙を飛行した後、各機関に返還されます。茗溪学園中学校高等学校からの公式飛行記念品として、同校の校旗がスペースシャトルに持ち込まれていました。

公式飛行記念品の返還とともに講演も行い、STS-124ミッションの映像を交えながら、ミッションの解説や宇宙での体験談を紹介しました。会場から質問も寄せられ、「夢をかなえるまでに壁にあたったときはどうすればいいですか。」という質問に対し、「宇宙飛行士の試験に2回落ちて落ち込んだが、またチャンスがあると思って頑張りました。気持ちをきりかえることが大切だと思います。」と、エールを送りました。

また、東京・秩父宮ラグビー場を訪れ、日本ラグビーフットボール協会からの公式飛行記念品としてスペースシャトルに搭載されていた日本代表のラグビージャージを返還しました。

1Jミッション
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約