サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2008年1月

ISS緊急事態対応訓練

最終更新日:2008年2月27日
フォトライブラリへ

訓練を行う星出宇宙飛行士(中央)らSTS-124クルーと第17次長期滞在クルー(提供:NASA)

星出宇宙飛行士は、STS-124(1J)ミッションクルーやSTS-124ミッション時に国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している予定の第17次長期滞在クルーとともに、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にあるISSのモックアップ(実物大模型)を使用して、ISS滞在中に緊急事態が発生した際の対応訓練を行いました。

訓練は、船外活動準備中に「ハーモニー」(第2結合部)で火災が発生したことを想定して行われ、緊急時の手順に従い、長期滞在クルーは火災場所の特定や消火作業などの対処を、STS-124クルーはスペースシャトルへの避難や、ISSとスペースシャトル間のハッチ閉鎖などを行いました。

STS-124(1J)ミッション

ISSドッキング中に火災や有毒ガス、急減圧などの緊急事態が発生した場合、ISSクルーおよびシャトルクルーがお互いに何をすればよいかを理解し、適切に避難し対応することは極めて重要です。今回はお互いの動きに関する疑問点なども整理され、非常に有意義な訓練となりました。もちろん、こういう事態が発生しないことに越したことはありませんが!

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約