サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年10月

バーチャルリアリティ(VR)システムを使用したロボットアームシミュレーション訓練

最終更新日:2007年11月27日
写真:より大きな写真へ

VRシステムを使用したシミュレータで訓練を行う星出宇宙飛行士

星出宇宙飛行士は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて1Jクルーと共に、1Jミッション時に実施する船外活動クルーとロボットアーム操作クルーの協調運用について訓練を行いました。訓練には、NASA宇宙飛行士室でロボティクス業務を担当している山崎宇宙飛行士も参加しました。

1Jミッション時、星出宇宙飛行士は「カナダアーム2」(ISSのロボットアーム)の操作を担当し、「きぼう」船内実験室の「ハーモニー」(第2結合部)への取付けなどを行います。日本人宇宙飛行士でカナダアーム2の操作を担当するのは、星出宇宙飛行士が初めてです。

訓練では、ISSに設置されたセンサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)を取り外す運用など、船外活動クルーと星出宇宙飛行士らロボットアーム操作クルーが協調して運用を行う作業について訓練を行いました。また、訓練を行うと共に各手順の検証も合わせて行いました。

1Jミッション
ミッションの実施内容を解説しています。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約