サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年7月

野外リーダシップ(NOLS)訓練

最終更新日:2007年8月29日

星出宇宙飛行士は1J(STS-124)ミッションクルーやNASAのフライトディレクタと共に、米国アラスカ州で野外リーダシップ(National Outdoor Leadership School: NOLS)訓練を実施しました。

NOLS訓練とは、宇宙滞在に似たストレス環境下で実施される訓練で、宇宙飛行で重要な自己管理やリーダシップ、フォロワーシップなどのチームワーク、状況に応じた判断方法などを理解・習得するための訓練です。

訓練中は、参加したメンバーの中で毎日リーダを交替し、全員で協力しながら野外生活を送りました。今回の訓練は、アラスカ州の海岸線で行われ、移動にはシーカヤックが使用されました。10日間にわたる訓練で、約80海里(約148km)を移動しました。参加したメンバーとの野外生活を送る合間、インストラクタからチームワークやリーダシップなどについての講義も行われました。

※ 星出宇宙飛行士が自ら綴るジャーナル"Tsukuba, Station, S/G1"にも訓練の様子が掲載されています。是非ご覧下さい。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約