サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士活動レポート

JAXA宇宙飛行士活動レポート 2007年5月

最終更新日:2007年6月26日

JAXA宇宙飛行士の2007年5月の活動状況についてご紹介します。

ロシアでの長期滞在訓練

写真:より大きな写真へ

ズヴェズダのモックアップで訓練を行う野口宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

写真:より大きな写真へ

ズヴェズダのモックアップで訓練を行う若田宇宙飛行士(©JAXA/GCTC)

若田、野口両宇宙飛行士は、5月7日から4週間に渡り、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター(Gagarin Cosmonaut Training Center: GCTC)にて、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在のためのロシアモジュールの各システムの運用訓練を行いました。

今回の訓練では、ISSを構成するロシアモジュールに搭載されているコンピュータ系、電力系、ドッキング系、熱制御系などのシステムに関わる訓練が行われ、「ザーリャ」(基本機能モジュール)、「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)等のロシアモジュールの実物大模型(モックアップ)も使用されました。

長い冬が終わって春が訪れたロシアでのISS訓練。風薫る五月の白樺林に囲まれて気持ち良い滞在か、と思われましたがロシアはなんと数十年ぶりの猛暑!連日35度を超える暑さで、すっかり真夏の陽気で慌てて日本から蚊取り線香を送ってもらう破目になりました。
訓練そのものは順調で、ロシアセグメントのコンピュータシステムなどを履修しました。後日談ですが、6月のスペースシャトルミッション中に生じたロシアコンピュータの故障では、習ったばかりの知識が大いに役立ちました。

スペースシャトルからの脱出訓練

写真:より大きな写真へ

訓練に参加したSTS-123クルー(中央:土井宇宙飛行士)

写真:より大きな写真へ

モックアップ内で待機する土井宇宙飛行士(中央)

NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて、土井宇宙飛行士は1J/A(STS-123)ミッションで飛行するクルーと共に、スペースシャトル打上げ時に緊急事態が発生した際に、スペースシャトルからの脱出する手順について訓練を行いました。

打上げ時の運用を再現するため、訓練にはスペースシャトルの実物大模型(モックアップ)が使用され、また土井宇宙飛行士らは打上げ・帰還時に着用する与圧服(オレンジスーツ)を着て訓練に臨みました。

スペースシャトルのランデブ訓練

写真:より大きな写真へ

ランデブに使用するソフトを操作する星出宇宙飛行士

写真:より大きな写真へ

操作手順を確認する星出宇宙飛行士(右)

星出宇宙飛行士は、NASAジョンソン宇宙センター(JSC)にて、シミュレータを使用したスペースシャトルのランデブ訓練を行いました。

今回の訓練では、インストラクタとふたりで協調しながら、スペースシャトルをISSにドッキングさせるためのランデブ手順ついて訓練を行いました。訓練では、ランデブに使用するソフトの操作やISSまでの距離を測定する方法などを確認しました。訓練の最後では、スペースシャトルを縦方向に360度回転させるランデブ・ピッチ・マヌーバ(Rendezvous Pitch Maneuver: RPM)の運用についても確認しました。

船外実験プラットフォーム結合機構(EFBM)の動作確認手順の検証

写真:より大きな写真へ

手順を確認する山崎宇宙飛行士

山崎宇宙飛行士はNASAケネディ宇宙センター(KSC)にて船外実験プラットフォーム結合機構(Exposed Facility Berthing Mechanism: EFBM)に関わる試験に参加しました。

EFBMは、「きぼう」船内実験室船外実験プラットフォームを結合させる際に使用される結合機構です。

山崎宇宙飛行士はKSCにある「きぼう」船内実験室のフライトモデルの中で、EFBMが正常に動作しているかを確認する手順の確認を実際に行い、問題なく実施できるか評価を行いました。

スペースシャトルのデジタルカメラ操作訓練

写真:より大きな写真へ

被写体を追う星出宇宙飛行士

写真:より大きな写真へ

機材を確認する参加メンバー(左からカレン・ナイバーグ、星出、ケネス・ハム宇宙飛行士)

星出宇宙飛行士は、1J(STS-124)ミッションで共に飛行するケネス・ハムカレン・ナイバーグ両宇宙飛行士と一緒に、スペースシャトルに搭載されるデジタルカメラの操作訓練を行いました。


≫JAXA宇宙飛行士活動レポートの一覧へ戻る

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約